日野剛志

日野剛志(ヤマハ発動機)

トップリーグ2018-2019のレギュラーシーズンは今週末に最終節(第7節、10月20日)を迎える。第6節を終え、1位〜8位決定トーナメントに進出する7チームが確定。残る枠は「1」、これをレッドカンファレンス4位のNEC、5位のNTTコム、6位の豊田自動織機が争うことになった(※順位表は文末)。

第7節は、NECは神戸製鋼、NTTコムは宗像サニックス、豊田自動織機がトヨタ自動車と戦う。今季の戦績だけで予想すれば、NTTコム有利だが、今季一度も良いゲームができていない宗像サニックスが力を発揮する可能性もある。5位以下になれば、9位〜16位決定トーナメントに回り、1回戦で負ければ入替戦出場だ。トップチャレンジには、NTTドコモレッドハリケーンズ、近鉄ライナーズらの実力あるチームが虎視眈々と再昇格を狙っている。入替戦回避のためにも順位を上げておきたい。

トーナメントの組み合わせは、レッド1位対ホワイト4位、レッド2位対ホワイト3位というように、たすき掛けだ。第6節までの順位のままなら、レッド2位のパナソニックと、ホワイト3位のサントリーという昨シーズンの決勝カードがいきなり実現することになる。ただし、上位陣も順位が入れ替わる可能性はある。大阪の万博で行われるヤマハ発動機と、第6節で全勝のパナソニックを破ったリコーとの対戦は注目だ。もし、リコーが勝って、パナソニックもキヤノンに勝てば、パナソニックが1位に返り咲く可能性もある。

予想を難しくしているのは、第7節のプロテクト制度だ。秋の日本代表メンバーに入った選手は、第7節はプレーしない。もっとも多くの選手を送り出すパナソニックはPR稲垣啓太、SO田中史朗、CTB松田力也、WTB福岡堅樹ら主力9選手が不在になる。加えて、堀江翔太ら負傷者もいる。第7節でパナソニックと対戦するキヤノンもHO庭井祐輔、LOアニセ サムエラ、SO田村優がプロテクトされる。両チームとも、救済策として外国籍選手を追加できるが、いつも通りの戦い方ができるかは未知数だ。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドではリーグ戦を全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ