安藤麻

チーム体制を新たに世界に挑むアルペンスキーの日本代表。シーズンイン直前に今シーズンもJ SPORTSのFIS W杯中継の実況を務める吉田 暁央アナウンサーが若き代表選手たちの本音に迫った。若きSNOW JAPANアルペンスキーヤーの素顔とは?

第3回目は名実共に日本女子アルペンのエースとなった安藤麻選手(東洋大学)。五輪での経験はどう活かされているのか、今シーズンの展望を伺った。

2本目に残れるようなってついた自信

安藤麻

吉田:
早速ですが、初めて出場した五輪の印象は?

安藤:
五輪は幼い頃からの夢であり目標としていた大舞台でした。ただ何回もファーイーストカップで滑っている地なので緊張はあまりせず、ただ頑張ろうという思いでした。しかし、五輪は五輪。思ったような結果を簡単に出させてもらえるような場所ではなかったです。

吉田:
そこで掴めたものはありましたか。

安藤:
2年前、世界選手権に初出場した際、緊張して緊張して…今回の五輪もあまり結果が良くなくて…。どんどん舞台が大きくなるにつれ、プレッシャーも大きくなるので技術面はもちろんですが、メンタル面を鍛える重要性に気づきました。

吉田:
お姉さん二人(長谷川絵美、清澤恵美子)が引退されて、日本女子アルペン界では名実ともにトップランナーとなったわけですが、ご自身はどのように思われていますか。

安藤:
恵美子さんには「辞めるのを辞めませんか」と何度も言っていたので(笑)心細いです。関係者にとっても上二人が抜けると頼りないなと感じていると思うのですが、そう思わせない実力を付けて4年後に向け頑張っていくしかないという気持ちをもっています。

吉田:
昨シーズンはGSで1回、SLで2回ポイントを取っています。こうやったら2本目に残れるという感覚は掴めましたか。

安藤:
開幕戦(GS・ゾルデン)に関しては、シーズン前からSLの調子が良くて、今シーズン残れるならSLだと思っていましたが、GSで結果が出たので、自分が2本目に残れるんだ…と正直驚きました(笑)。後半戦のSL2戦(クラニスカゴラ、フラッハウ)は五輪出場がほぼ決まっていたので、ダメだったらしょうがないと割り切って滑ったら結果がでました。自信をもって思いっきり滑るという感覚が掴めたのかもしれません。

吉田:
後半戦のSL2戦で2本目に残ったとき、ポイントをきちんと取るのか、更なるジャンプアップを狙っていくのか、どちらの気持ちでしたか。

安藤:
開幕戦で残ったときは、転びたくない、ゴールしたい、でも遅く滑りたくないという気持ちの葛藤がありました。ただ、スタートしたらそういう気持ちは消えて、滑り下りるだけでしたけどね。後半戦の2戦目、3戦目になってくると2本目に残れるという感覚が分かってきたので、気持ちの迷いもなく“リスクを負わなければ結果が伴わない、ノーリスクノーリターンだ!”というマインドに変わりました。コースアウトを気にしてもしょうがないですし、ダメだったらまたチャレンジするだけですから。ただ残っても30番目ギリギリなので、これを安定して上位に持っていけるよう頑張っていきたいです。

吉田:
かなり自信がついてきたんですね。

安藤:
はい!

吉田:
世界で戦うため、安藤選手が他の選手に負けないぞ、という強みはありますか。

安藤:
周りに影響されない気持ち的な強さですね。もともと緊張しないタイプですし、他人に流されることもないので。

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の18/19シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合を配信!

●ウインターパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
»詳しくはこちら


★スキー特集ページはこちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ