初年度王者が調子の良さを見せつけて開幕からの無敗を守った。

2カンファレンス制で行われている今年のトップリーグのリーグ戦は4節を終えて、残すところあと3試合となった。

10月7日(日)の第5節、大阪・キンチョウスタジアムで、レッドカンファレンス無敗で首位に立つ神戸製鋼コベルコスティーラーズと、7位の日野レッドドルフィンズの対戦が行われた。

神戸製鋼は第4節こそ、トヨタ自動車ヴェルブリッツと26-26と引き分けたものの、第3節では、新加入の元ニュージーランド代表SO(スタンドオフ)ダン・カーターの活躍もあり、昨年王者サントリーサンゴリアスを36-20で下した。

先週はトップリーグはBYEウィーク(休みの週)だったが、神戸製鋼は北海道胆振地方中東部で発生した地震の影響により延期になった、第2節の宗像サニックスブルース戦を行い、69-5で快勝。3勝1分と負けなしで首位に立っている。

一方、今季トップリーグに初昇格した日野は、開幕戦こそ宗像サニックスブルースを33-3と下したが、第2節は14-15で豊田自動織機シャトルズに競り負けてから3連敗と、苦しい戦いが続いている。

ホームの神戸製鋼は、先週の宗像サニックス戦からメンバーを入れ替えて臨んだ。PR(プロップ)1番を平島久照から山崎基生に、HO(フッカー)を鹿田翔平から有田隆平に、FL(フランカー)6番を橋本大輝からマット・バンリーベンに。

また、WTB(ウィング)は前の試合で14番だった井関信介を11番、14番にはアンダーソン フレイザーが入り、CTB(センター)はリチャード・バックマンが12番に入り、13番にはアダム・アシュリークーパーが先発した。

ハーフ団には前節は下半身の違和感のために出場しなかったがSO(スタンドオフ)ダン・カーターのメンバー入りも期待されたが、先発は先週と変わらず、元NZ代表SH(スクラムハーフ)アンドリュー・エリスとSOイーリ ニコラスのコンビとなった。

日野も第4節のNTTコミュニケーションズシャイニングアークス戦から大きく変更。HO郷雄貴を廣川三鶴に、LO(ロック)に入る予定だったキャプテンの村田毅とアッシュ・パーカーがFLに、NO8(ナンバーエイト)もニリ・ラトゥから千布亮輔となった。

BK陣も前節でSHを務めたオーガスティン・プルがケガ人の影響でCTBに入った。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドではリーグ戦を全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ