NEC vs. NTTコミュニケーションズ

2018年度のトップリーグは第5節を迎えた。

一週間の休みを挟んで(第2節代替の神戸製鋼×宗像サニックスは開催)、リーグ戦も残り3試合となり、各カンファレンス上位4チームによる優勝決定トーナメントへ向け、いよいよ緊張の度が増してきた。

10月7日(日)、千葉・柏の葉公園総合競技場では、そんな上位トーナメント進出へ負けられない2チームが激突した。

1勝3敗のNECグリーンロケッツと、2勝2敗のNTTコミュニケーションズ シャイニングアークスだ。

ともにレッドカンファレンスに所属。前節で日野に45−28で勝利していたNTTコムは勝ち点12。3位以下のサントリー、豊田自動織機と勝ち点で並んでいた。

一方のNECは前節、そのサントリーに敗戦(31−47)したものの5トライ31得点。しかし勝ち点5の7位に沈んでいた。

NECはこの日ボーナスポイントなく敗北すれば、他会場の結果次第で上位トーナメント進出がなくなる。絶対に負けることができない背水の状況となった。

この日は東京都心で気温が32℃を超えるなど、10月としては記録的な暑さ。しかし異常気象の予測は難しく、キックオフ時間は午後1時。両軍は酷暑とも戦った。

塩崎公寿レフリーの笛で始まった試合で、序盤に猛攻をしかけたのはNEC。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドではリーグ戦を全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ