今シーズン初の完封勝利だ。初戦の筑波大学戦では55-10、次戦の成蹊大学戦ではペナルティーを連発し5点を献上。勝ったものの勝ち切れなかったという試合だった。

それから2週間後、青山学院大学との対戦。『リアクション』と『コミュニケーション』の2つをテーマとした今回は、前半から50点以上引き離し相手を圧倒する展開に。

テーマの「コミュニケーション」も確実に遂行

1人が抜けたら素早くリアクションし、サポートについてトライに結びつける。また、80分間声を出しコミュニケーションを取り続けた。そして最後まで集中し、ペナルティーを5つに抑え123-0でノーサイドを迎えた。

試合が動いたのは前半11分。HB(ハーフバック)団のSO(スタンドオフ)岸岡智樹(教3=大阪・東海大仰星)のオフロードパスからSH(スクラムハーフ)齋藤直人(スポ3=神奈川・桐蔭学園)が右大外にトライを決めると、そこから早大が主導権を握り続ける展開に。

常に敵陣でプレーし、前に出るディフェンスでプレッシャーをかけ、相手を前に出させない。LO(ロック)下川甲嗣(スポ2=福岡・修猷館)が「自分たちの理想のディフェンスができた」と語るように、低いタックルで相手を確実に仕留め、完全に自分たちのペースに持ち込んだ。

アタックでは、WTB(ウィング)佐々木尚(社4=神奈川・桐蔭学園)が自陣ゴール前から敵陣22mラインまでゲインすると、サポートについた齋藤、岸岡とパスをつなぎ難なくトライ。

続いてCTB(センター)中野将伍(スポ3=福岡・東筑)が左大外をゲインすると、WTB桑山聖生(スポ4=鹿児島実)がつなぎ、FB(フルバック)河瀬諒介(スポ1=大阪・東海大仰星)がゴールラインにねじ込む。

サポートが充実し、テンポよくトライを量産できている印象だ。その後も今季初のスクラムトライを決めるなど、得点を重ね、59-0で試合は後半へと進む。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ