負けは許されない一戦だ。明治大学は対抗戦第2戦・日本体育大学戦に31-17に勝利し、開幕から連勝。次なる相手は10月7日(日)に最初のヤマ場・筑波大学戦を迎える。

同じ轍は踏まない。点数には見えない不安が残され、SH(スクラムハーフ)福田健太主将(法4=茗溪学園)が、「試合の収穫は対抗戦2戦目で勝てたという部分だけ」と振り返る前回の日体大戦から1週間。どれだけチームが変われたのか。

明治FW(フォワード)の真価が問われる。今試合でカギとなるのはFW勝負でどれだけ優位に立てるか。試合を追うごとに完成度が増してきたセットプレーは、武器になりつつある。

毎年最大の武器である重戦車スクラムは今年も頼もしい。日体大戦ではマイボールスクラムは、10本すべてを保持するのはもちろんのこと、スクラムからペナルティを誘発しチャンスを作る場面が見られた。

フロントローとして開幕戦から2試合、PR(プロップ)齋藤剣(政経4=農工大)、HO(フッカー)武井日向(商3=国学院栃木)、PR祝原涼介(情コミ4=桐蔭学園)がスタメンで名を連ねている。

特にPRは充実したメンバーだけに熾烈なレギュラー争いに注目だ。不動の4年生2人に加えて活躍が期待されるのは、安昌豪(営3=大阪朝鮮)、笹川大五(政経3= 明大中野)や船木頌介(政経4=秋田工)といった上級生メンバー。

FWをけん引するFL井上

3人が出場した先日の大学ジュニア選手権・帝京大学戦では、「常にプレッシャーをかけることができた」というセットプレーの安定で勝利を手繰り寄せた。

「重戦車」と呼ばれる伝統のFW(フォワード)はケガから復帰したFL(フランカー)井上遼(政経4=報徳学園)がけん引する。1年生のころからメンバー入りを果たし、FWの中心として随所の最前線で戦ってきた井上。

福田主将に引けを取らないリーダーシップは、「チームを引っ張るようになってくれた」と田中澄憲監督も信頼を寄せている。強豪同士の戦いが続くこれからの一番のキーマンと言っても過言ではないだろう。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ