トッテナム vs. カーディフ

リーグ戦2連勝中のスパーズがホームに今シーズン未だ勝利のないカーディフを迎える。
スパーズはケインがリーグ戦ここ2試合で3ゴールと調子を上げてきたがミッドウィークに行われたCLバルサ戦ではホームで2-4で敗れグループステージ2連敗となってしまった。
スパーズは屋台骨であるエリクセンの不在が痛手となっている状況。
どうやら今節での復帰も難しそうだ。
一方のカーディフはリーグ戦4連敗中。今シーズン5敗を喫している内、3敗がビッグ6(アーセナル、チェルシー、マンチェスターC)が相手なだけにまだ、未勝利を気にすることもないと思うが早く勝利の味を味わっておきたいところ。
今節も強豪スパーズが相手。ウォーノック監督に秘策はあるのか!?

フルアム vs. アーセナル

開幕連敗スタートののち5連勝と上位争いに顔を出してきたアーセナル。
エメリ監督のもと課題と言われていた守備陣も試合を重ねるごとに安定感を増してきた。
攻撃陣では何かと批判にさらされていたエジルだったが前節はゴールというカタチで結果を出し一安心。
アウェーとはいえフルアムとのロンドンダービーにもあっさり勝利を収める勢い。
対するフルアムは昇格組の中でも豪華補強でダークホースと見られていたのだが…
ふたを開けてみると1勝2分4敗で残留圏ギリギリの17位。
チーム作りの段階とはいえ、このまま低空飛行が続いたら1年でチャンピオンシップに逆戻りとなりかねない。
課題は明白で失点数がリーグワーストタイの守備。
ミトロヴィッチ、ビエット、シュールレ、セセニョンと攻撃陣はタレント豊富なだけにアーセナルの攻撃にどこまで耐えられかが試合のポイントだ。

サウサンプトン vs. チェルシー

前節、昇格組のウルヴズに0-2で敗れたサウサンプトン。
リーグ戦ここ3試合1分け2敗で順位も16位まで後退。
今シーズン、ここまでカップ戦2試合の出場に留まりリーグ戦では、未だ出場がない吉田麻也だが日本代表にも選出されミッドウィークのリーグカップ3回戦ではキャプテンとしてフル出場を果たした。
ファンもリーグ戦での吉田の先発起用を熱望しているというが、その声は、指揮官のマーク・ヒューズに届くのか?
対するチェルシーは、前節リヴァプールとアグレッシブに攻め合う試合を見せたが土壇場で追いつかれ1-1のドロー。
リーグ戦2試合連続の引き分けとなったが5勝2分けで無敗と3位をキープしている。
ここまでゴールランクトップの6ゴールを挙げている絶好調のアザールを止めるのは簡単ではないだろう。
ミッドウィークにサウサンプトンはリーグカップ、チェルシーは、ヨーロッパリーグを戦った過密日程だが
両チームはどんな戦いを見せるのか?

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ