スポーツトレーナーは、トップアスリートにとって、パフォーマンスを発揮するのに欠かせない存在だ。

選手にトレーニングやコンディショニングの指導を行ったり、筋肉の張りを見てケアをしたり。フィジカルからメンタルに至るまで選手と直接的に関わりながら支える。

そうした心身を整える専門家として、東北楽天ゴールデンイーグルスの選手たちから絶大な信頼を寄せられているのが、星洋介(38)さんだ。

2012年から田中将大(現ヤンキース)のオフの自主トレにも帯同し、現在はその自主トレメンバーでもある、則本昂大や松井裕樹、そして岸孝之など、楽天の主力投手陣をメインに担当する。

シーズン中は、選手たちが練習を始める1時間半前には球場入りし、ミーティングと選手の状態チェックをして、ウォーミングアップを指揮。それから練習と試合を見守り、試合後もケアやトレーニングなど、1日の最初から最後まで選手たちに寄り添う。

2007年に楽天に入団。積み重ねた実績から信頼はますます高まっているが、かえって引き締めるように星さんは言う。

「僕のケア、トレーニングひとつで選手を動かしてしまう。知識や方法も『最新だから』『有名選手がやっているから』と取り入れるのではなく、常に疑いの目を持って考察します。そこを選手に指導する立場ですから」。

◆ケガ克服のため自身を実験台に。飽くなき探究心からトレーナーの道へ

研究者のように考察と挑戦を続ける星さん。原点は、思うように野球ができなかった自身の過去にある。地元仙台出身で、仙台育英高校から東北学院大学に進学し、野球を続けてきたものの、ずっとケガに悩まされ続けてきたという。

「肉離れをしたり、肩が痛かったり。そもそも肩が痛い、『投げる』っていう動作がまともにできないと、野球にならないんですよね。いろんな治療院、整骨院、病院に行きましたが、治らなかったんです」。

そこで、藁を掴む思いで見つけたのが、プロ野球でトレーニングコーチ先駆者として知られる立花龍司さんの著書だった。

野茂英雄を指導したことでも知られる同氏の、大リーグからの最新トレーニングや調整方法が書かれていた本を読み、それらを試したという。すると、針を打っても、マッサージをしてもダメだった身体が少し良くなったのを実感したという。

「これはすごい」と大学生の星さんは衝撃を受けた。専攻は経済だったが、そこからスポーツ科学やスポーツ医学の本を読み漁るように。「自分の身体を実験台にして、いろんなトレーニングや治療を施していました」と振り返る。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ