現地10月3日のア・リーグのワイルドカード・ゲームは一戦必勝の一発勝負である。

ヤンキースは去年も同ゲームに出場し、ツインズ相手に8対4で勝っている。今年は後半激しく追い上げたアスレチックスが相手になる(「マネーボール続編」が創造するペナントレース台風の目 参照)

両者の公式戦での対戦成績は3勝3敗の互角である。5月11日からの地元ニューヨークでの3連戦では2勝1敗。9月3日からの敵地オークランドでの3連戦は1勝2敗だった。

メジャーリーグをきちんと見ている人なら、それだけでピンとくると思う。

5月のアスレチックスは18勝19敗でア・リーグ西地区4位、9月のシリーズが始まった当時の彼らは82勝56敗で同2位だった。ヤンキースは5月の同時期は26勝11敗でア・リーグ東地区首位、9月の同時期は86勝51敗で同2位である。得点と失点は5月のシリーズがヤンキースから見て18対18で、9月のシリーズが10対15で、合計28得点対33失点だ。

つまり、9月のアスレチックスは5月の彼らとは別のチームと言ってもいいぐらいの状態まで調子が上がっており、9月の勝ちっぷり(16勝10敗で勝率.615)を見る限り、その勢いをほぼ維持している(ちなみにヤンキースは9月、15勝12敗で勝率.556だった)。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ