そして一番大変だったのは、オフィシャルさん、マーシャルさんの皆さんですね。
この小欄で以前タイヤのことを書いたと記憶しています。どれだけ素晴らしく、高性能なマシンであっても、路面と接するタイヤが無かったらモータースポーツの競技車両は無用の長物。

どれだけ素晴らしく、近代的で安全性の高いサーキット施設があったとしても、そこにオフィシャルさんやマーシャルさん、人的なファクターがプラスされなければ、全く機能しない。しかし、現在オフィシャルさん、マーシャルさんのなりてが少なくなってきている。これは、重大な問題です。このままだと競技が行えなくなってしまうかもしれない。
「そんな、何とかなるでしょ」と軽視していると、気がつけばどうしようもなくなっている。そんなことが起きないように、その前に、転ばぬ先の杖を…。

モータースポーツファンの皆さんにとっては、オフィシャルさんやマーシャルさんの存在はそれほど身近ではないけれど、彼女、彼らがいなければ愛すべきモータースポーツが存在しないということも知っていただきたい。朝早くから全てのプログラムが終了するまで、文字どおり黒子、縁の下の力持ちとしてモータースポーツを支えていただいている、その存在を再度認識するとともに感謝しつつ、これからもよろしくお願いしますという次第です。ハイ。

photo

高橋 二朗
日本モータースポーツ記者会。 Autosport誌(英)日本特約ライターでもあり、国内外で精力的に取材活動をするモータースポーツジャーナリストの第一人者。1983年からルマン24時間レースを取材。1989年にはインディー500マイルレースで東洋人としては初めてピットリポートを現地から衛星生中継した。J SPORTSで放送のSUPER GTのピットレポーターおよび、GTトークバラエティ「GTV」のメインMCをつとめる。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ