日本ラグビー協会は10月1日、10月26日の世界選抜戦、11月にホームで対戦するニュージーランド代表戦、さらにアウェイで対戦するイングランド代表戦、ロシア代表戦に臨む日本代表メンバー35名(FW20名、BK15名)を発表した。

キャプテンは引き続きFL(フランカー)リーチ マイケルが務め、イングランド遠征には33名が参加する。まず、ラグビー日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は冒頭でこう話した。

「悪いタイミングでケガが多く出てしまいましたが、それは逆にとらえれば新たに入って来た選手、若い選手に機会を与えられるということ。今回選ばれたメンバーはトップリーグの4節までのパフォーマンスを見て、彼らが自分たちのチャンスを作り出した。ワールドカップに向けて、若手選手が日本代表で活躍して層をより強化できると思ってワクワクしています」。

会見でまず驚いたのはHO(フッカー)堀江、CTB(センター)立川の2人が外れて、その替わりにサントリーで活躍するルーキーのHO堀越、CTB梶村が選ばれたことだ。

他にもFW(フォワード)ではPR(プロップ)三上、ヴァル、山本、NO8(ナンバーエイト)ツイがジェイミー・ジャパン復帰を果たし、山下は2015年ラグビーワールドカップ以来の日本代表メンバー入りとなり、堀越とともに中島は嬉しい初の日本代表入りとなった。

BK(バックス)はSH(スクラムハーフ)が5人いた中で、SH田中、SH流に続いてSH茂野が復帰。CTB梶村とともに、WTB(ウィング)ヘンリーが初の日本代表メンバーとなった。

残念ながら堀江に関してはコンディション不良のため、秋の日本代表のメンバーから外れた。。

「来年に(ワールドカップという)ビッグイヤーを控えているので、そういうことを捉えてしっかりとケガの治療、回復に取り組んでもらうことになりました。堀越が新たな機会を得たのでカバーしてもらいたい」(ジョセフHC)。

立川に関しては単純にメンバー外ということになった。ジョセフHCは、最近はクボタでSOとしてプレーしている立川を、SOとしてではなくCTBとして見ている。

「彼の最近のパフォーマンスが我々のレベルまで達していなかった。12番としてのフィジカルさ、ディフェンス力が不足している。苦渋の決断でしたが、厳しいタフな判断は自分の任務であって、日本のラグビーのためだと思っています。この先のトップリーグや活躍で、彼が逆境を跳ね返してくれると信じています」。

2016年のジェイミー・ジャパンが始動したとき、チームの共同キャプテンを務めた2人がメンバー外となってしまった。リーダー的な2人がいなくなったが、ジョセフHCから不安は感じられなかった。

ジョセフHCは「彼ら2人がいないことはチームが成長したこと、リーダーシップが芽生えたことを感じます。リーチも戻ってきています。田村、流、姫野といった若手がチームを引っ張ってくれていますし、このままチームをけん引してくれる手応えを感じています。このチームで世界の強豪、オールブラックスとイングランドと戦っていきたい」と意気込みを語った。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドではリーグ戦を全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ