88-0と完璧な試合運びを披露した対抗戦初戦から2週間。連勝で勢いをつけたい明治大学は、外国人を擁する日本体育大学戦を迎えた。

前半を24-0と無失点で終え、テーマである爛▲哀譽奪轡屮魯鵐拭璽梱瓩発揮されているように思われた。しかし、後半は3トライを献上するなど日体大ペースに。攻撃もかみ合わず、わずか1トライに抑えられた。最終スコア31-17で逃げ切るも、前半と後半で評価の分かれる結果となった。

先制トライを挙げた森

前半で勝負を決めた。試合開始早々、SO(スタンドオフ)忽那鐘太(文4=石見智翠館)のハイパントキックを、CTB(センター)森勇登(政経2=東福岡)が確保。そのままインゴール中央に持ち込み、ノーホイッスルトライ。幸先良く先制し、順調な立ち上がりを見せた。

前半20分には敵陣マイボールラインアウトから左へ展開。CTB児玉樹(政経1=秋田工)が相手のギャップを縦に攻めこみ前進すると、左からフォローに入ってきたFL(フランカー)石井洋介(情コミ3=桐蔭学園)にパス。

受け取った石井洋は勢いそのままにゴールラインまで走り込み追加点を挙げた。「持ち味を生かしてボールを前に運ぶこと」を個人のテーマとして掲げていたルーキー・児玉。対抗戦初スタメンの緊張を感じさせない突破力で会場を沸かせた。

その後も明治の攻撃の時間が続き、28分にはスクラムで獲得したペナルティを起点にチャンスを演出。左サイドゴール前で形成されたラックからSH(スクラムハーフ)福田健太主将(法4=茗渓学園)はブラインドサイドを選択。

相手の裏をかいたパスをWTB(ウイング)山洋之(法3=筑紫)が受け取り、2試合連続となるトライを挙げた。山は前半終了間際にも忽那のキックパスをインゴール内ギリギリで沈めトライするなど、前試合に続き存在感を示した。

「前半は取るべきところで取れていた」(山)。雨に苦戦しながらも着実に得点を重ねていった前半。24-0と地力の高さを示した。

しかし、後半は全く別のチームと化していた。終始悪い流れを断ち切れずに「相手の流れでラグビーをしてしまった」とLO(ロック)箸本龍雅(商2=東福岡)。後半開始2分、大外を抜かれ安城怜(日体大)にトライを許すと、ここから徐々にテンポを失う。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ