アルゼンチン vs. ニュージーランド

屈辱を味わったニュージーランド(NZ)代表“オールブラックス”は強かった。

南半球4か国対抗戦「ザ・ラグビーチャンピオンシップ(TRC)」は山場の第5節を迎えた。

3勝1敗のオールブラックスは現地時間9月29日、エスタディオ・ホセ・アマルフィターニ(アルゼンチン)に乗り込み、2勝2敗の地元アルゼンチンと激突。

勝てば優勝の決まる一戦で、南米の雄を35−17で下し、最終節(第6節)を待たずして同大会3連覇、16回目の優勝を決めた。

第4節では首都ウェリントン(NZ)で屈辱を味わった。南アフリカ代表“スプリングボクス”に34−36で敗戦――。オールブラックスが自国で南アフリカに負けたのは9年ぶりだった。

「オールブラックスが自国で敗戦」のニュースは世界をめぐり、メディア上には決まれば同点のコンバージョンを外すなどしたNZ不動の司令塔、SOボーデン・バリットの責任論も流れた。

オールブラックスに連敗は許されない――。だからだろう、満員の敵地スタジアムで披露した先住民マオリの儀式「ハカ」は気迫に満ちていた。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
ザ・ラグビーチャンピオンシップを全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★ザ・ラグビーチャンピオンシップ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ