2試合連続の完封勝利をねらう。関東大学対抗戦初戦となる青山学院大学戦を88-0で勝利を収めた明治大学。9月30日(日)に行われる日本体育大学戦に連勝しチームに勢いをつける。

最高の形でスタートを切った。期待を背負ったシーズンの初戦・青学大戦では、緊張を感じさせない結果となった。序盤からから速いパス回しとFW(フォワード)、BK(バックス)が一体となった攻撃で圧倒。

リザーブメンバーの出場後も規律が乱れることなく相手を完封した。「80分間スタンダードを崩さずにできた」とSH(スクラムハーフ)福田健太主将(法4=茗溪学園)も初戦の結果に手応えを感じた。

4トライの活躍を挙げた山崎

走力を見せつけての大量得点だ。この試合4トライを奪ったWTB(ウイング)山崎洋之(法3=筑紫)。前半32分には敵陣マイボールスクラムから作ったチャンスで、SO(スタンドオフ)忽那鐘太(文4=石見智翠館)からのリターンパスに反応。

出足の鋭いステップでギャップに攻め込みゴールラインまで来ると、最後は相手を1人引きずりながらインゴールにグラウンディング。快足を飛ばしてのトライは会場を沸かせた。

「みんなが繋いでくれた、チームで取ったトライ。もっと自分で取りに行くトライを増やしたい」。

攻撃が最大の防御となった。88点の猛攻で圧倒した明治。持ち味のアタックで常に敵陣に攻め込み、相手に攻撃の機会を与えなかった。圧巻だったのは後半、相手の疲れに付け込み得点を量産した場面。

32分には相手のキックオフボールから、BKが外に展開し敵陣へと攻め込む。テンポの良いアタックでゴール前まで進み、最後はラックから出されたパスにPR安昌豪(営3=大阪朝鮮)が合わせてノーホイッスルトライ。怒涛の攻撃は試合終了まで止まることはなかった。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ