3年前、右肘の手術をしたのだという。長年ずっと投げ続けた”職業病”の結果だ。今年44歳になった部坂俊之さんは、今も日々、130から140球ぐらいは投げている。

仕事は、打撃投手。試合前などに打撃練習で選手にボールを投げるのが主たる業務。いつしか右腕はいびつにしか曲げ伸ばしができなくなった。

「この腕なので、バレーボールができないんですよ」。部坂さんはそう言って、誇らしげに曲がってしまった右腕を見せてくれた。

ニコニコという言葉が、ぴったりとはまる優しい笑顔が印象的だ。そんな温和な表情の裏に、たくさんのケガや苦労を乗り越えた経験を持つ。

3年前の手術は、通称「ねずみ」と呼ばれる遊離体の除去手術で、これも野球選手のいわば職業病。右肘の骨が摩耗して欠け、中で浮遊した骨の欠片が関節に入り込み、右腕を“ロック”してしまったため、それらを取り除いた。

「11月の秋季キャンプで発症し、12月に手術をして、2月の春季キャンプからは投げてますけど」と、部坂さんは何でもない風に語る。

6月の交流戦では、試合前の打撃練習中の彼に向かって、阪神タイガースの藤川球児はじめ、阪神の選手、コーチらが挨拶やアイコンタクト、白い歯をみせて笑い合う場面が見られた。

◆台湾ではSARS、カナダでは球団消失。帰国して会社員になるも再び野球界へ

楽天で2006年から打撃投手を務める部坂さんは、1998年にドラフト4位指名で阪神タイガースに入団。2002年に戦力外になると、翌年に台湾のプロリーグへ移籍を果たす。

ところが、SARSの流行で外国人選手らが一斉に帰国。すると、そのタイミングでカナダの独立リーグから部坂さんはオファーを受けたため、今度はバンクーバー西にあるビクトリア島へ渡った。ところが、この島のチームに所属するも、3ヶ月ほどで球団が潰れてしまったという。

「(ビクトリア島は)気候が良くて、自然豊かないいところでしたよ。でも、2ヶ月分の給与は未払いに終わりました。台湾からもいろいろあったし、野球はもう(辞めても)いいかなって。帰国して、知人の紹介で貿易関係の会社に入り、仕事を始めました」。

楽天が創設された年だった。部坂さんは、一般企業でセカンドキャリアを歩み始める。野球からはしばらく離れていたが、会社に勤めながら草野球で”現役復帰”。

土日限定の助っ人ピッチャーを始めた。すると、次第に大会にも出てくれと頼られるように。そうして大会にも出場すると、そのまま見事にチームを優勝に導いた。

「草野球チームは大阪だったので、最初は別の名前で参加したんですよ。でも、『ちょっとおかしいだろ(どう見ても素人じゃないだろ)』って言われちゃって(すぐにバレた)」。

「それから、本名でちゃんと出るようにしました」と懐かしそうに笑う。大会にも出場したことで、野球への情熱に再び火が灯った。

「優勝するって、何とも楽しい緊張があるじゃないですか。そしたら、その時に(野村)克則さんから連絡をもらったんです」と部坂さん。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ