ジュール・クルーゼル(ヤマハ)

「スーパースポーツ世界選手権」の第10戦がフランスのマニクールサーキットで9月28日(金)~30日(日)に開催されます。J SPORTSでは日本人ライダーの大久保光(おおくぼ・ひかり)が出場するこのレースを9月30日(日)にオンエアします。また、J SPORTSオンデマンドでも配信します。

さて、前戦・ポルティマオのレースは序盤から波乱の展開となりました。チャンピオンを争うサンドロ・コルテセ(ヤマハ)とジュール・クルーゼル(ヤマハ)が2周目に接触、転倒。クルーゼルはコルテセの転倒に巻き込まれる形となり、そのまま再スタートできず、痛恨のリタイア。コースの縁石を叩いて悔しがる姿が印象的でした。シーズンも終盤に来て、なんという不運でしょう。

クルーゼルの悪夢のような状況はコルテセが再スタートを切って、5位まで追い上げたことでさらに最悪の状況になりました。これでクルーゼルがノーポイントに終わり、サンドロ・コルテセ(ヤマハ)=149点、ジュール・クルーゼル(ヤマハ)=133点で16点差にポイント差が広がりました。前線までは5点差の接戦だったことを考えると、終盤戦に来てこの差が付くのはクルーゼルにとって非常に痛い状況です。

「スーパースポーツ世界選手権」は激しいレースで非常に見応えがありますが、あの展開の中でもトップライダーたちはきっちりとフィニッシュまでバイクをもっていきます。ランキング首位のサンドロ・コルテセ(ヤマハ)は今シーズン1度もリタイアしておらず、全てのレースで6位以内のフィニッシュを成し遂げています。一方、ジュール・クルーゼル(ヤマハ)は今季3度の優勝を飾っていますが、2度目のリタイアということで、これが16点の差になってしまっているということです。今回に関してはクルーゼルが可愛そうすぎますが。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ