欧州の2018/19シーズンもいよいよ本格化。各国リーグ戦は序盤の「慣らし運転」期間が過ぎて本格的に始動し、そして、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの戦いも始まった。強豪クラブにとっては気の抜けない戦いが続くことになる。

そのチャンピオンズリーグ第1節の最大の注目カードは、何と言ってもリヴァプール対パリ・サンジェルマン(PSG)の一戦だったろう。プレミアリーグで開幕5連勝と絶好のスタートを切ったリヴァプール。そして、こちらも5連勝スタートで、念願のチャンピオンズリーグ初制覇を狙うPSGの戦いだった。

好調リヴァプールは、チャンピオンズリーグ開幕節の直前にはトッテナム・ホットスパーと対戦して勝利を収めていた。終了間際のアディショナルタイムに1点を返されたものの、1対2の勝利は内容も伴った完勝ではあった。だが、チャンピンズリーグに向けて万全だったかと言うと、いくつかの不安を抱えたようにも見えたのだ。

攻撃力は、もちろんまったく問題ない。フィルミーノをトップに、モハメド・サラーとサディオ・マネを配した3トップは昨年以上に機能している。

しかし、気になったのは、前線の3人が孤立し、サポートがない場面が何度かあったこと。
もちろん、3人だけで得点できる力があるのでそれでもいいのかもしれない。前半のうちにCKから先制し、後半にも左のマネからのクロスに相手DFが処理を誤るところをフィルミーノが決めて2点を奪って完勝したが、やはり強力な相手との闘いではそれだけではすまないのではないか。

逆に、守備面でも相手がロングボールを蹴り込んでくると最終ラインが押し下げられ、DFラインとMFの間にスペースができてしまう……。そう、全体として縦に引き伸ばされてしまうのだ。

このトッテナム戦でやりにくかったのは、ウェンブリー・スタジアムの重い芝生のせいでもあった。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ