トップリーグ初出場のダン・カーター

ワールドクラスのプレーにファンが魅了された。2018-19シーズンのトップリーグは早くも第3節を迎えて、9月14日(金)は東京・秩父宮ラグビー場で2連覇の覇者サントリー・サンゴリアスと神戸製鋼コベルコスティーラーズが激突した。

サントリーは開幕戦でトヨタ自動車ヴェルブリッツと接戦の末、27-25で逆転勝ちし、先週の第2節もNTTコミュニケーションズシャイニングアークスを、20-18と僅差で退けて連勝。

一方の神戸製鋼は、開幕はホームでNTTコミュニケーションズシャイニングアークスを34-27で下したが、先週は平成30年北海道胆振東部地震の影響により、札幌の月寒屋外競技場で開催予定だった、宗像サニックスブルース戦が延期となり、この試合が今シーズン2試合目となった。

ワールドクラスのプレーを見せたダン・カーター

強豪同士のカード、何と言っても注目は神戸製鋼のSO(スタンドオフ)ダン・カーターのトップリーグデビューだ。金曜日のナイターにもかかわらず、指定席は前売りで完売、ワールドカップで2連覇に大きく貢献した元オールブラックスの司令塔を一目見ようと、秩父宮ラグビー場には1万7576人の観客が駆けつけた。

サントリーは、前節からFW(フォワード)4名、BK(バックス)1名の先発選手を変更。HO(フッカー)北出卓也、そして3番PR(プロップ)には、レベルズから新加入のセミセ・タラカイがスターターに名を連ねた。LO(ロック)はジョー・ウィラーに代わり、前節5番だったジョーダン・スマイラーが4番に、5番には真壁伸弥が入った。

気合いの入ったサントリーフィフティーン

前節で負傷し、途中退場したNO8(ナンバーエイト)ショーン・マクマーンに代わり2年目の飯野晃司が務め、BKはWTB(ウイング)中鶴隆彰が先発復帰。第1節で負傷した元オーストラリア代表SO/CTB(センター)マット・ギタウがリザーブに入った。

対する神戸製鋼は第1節ではNTTコミュニケーションズ戦から6名を入れ替えた。FWはPR平島久照、そして今季から新加入のFL(フランカー)グラント・ハッティングが先発。

海外の代表経験選手は同時に2名までしか出場できないため、SH(スクラムハーフ)はアンドリュー・エリスから日和佐篤に、SOはヘイデン・パーカーからカーターとなった。WTBは山下楽平、インサイドCTBは新加入のリチャード・バックマンが先発となった。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドではリーグ戦を全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ