今大会2勝目をあげたティボー・ピノ

今大会2勝目をあげたティボー・ピノ

ケーキの上のさくらんぼ。今ブエルタ2勝目を、ティボー・ピノはこう表現した。第15ステージでは伝統峠コバドンガを勝ち取った。この日は標高2000mを超えるアンドラの山頂で、ガッツポーズを突き上げて……すでに美味しく焼きあがったブエルタに、華やかな飾りを施した。最後まで共に協力し合ったサイモン・イェーツは、望み通りライバルたちから十分なタイム差を稼いだが、「終わるまでは終わりじゃない」と改めて気を引き締めた。

むしろ登坂一発勝負に向けて、積極的な走りを見せたのはモヴィスターだった。25秒差で総合2位につけるアレハンドロ・バルベルデに、マイヨ・ロホを着せよう。そう誓って、文字通りスタート直後から、とびきり厳しい集団制御に乗り出した。激しいアタック合戦の末に、40km地点でミカル・クヴィアトコウスキーを含む3選手が飛び出し、1分半ほどのリードをつけるも、8人全員で回収に向かった。セルジオルイス・エナオやイゴール・アントン、ピエール・ローランというクライマーが次々とチャンスを追い求めたが、やはりモヴィスターがすべてを潰した。

スタートから約70km、ヨナタン・カストロビエホとバンジャマン・トマ、さらにトム・ヴァンアズブロックがわずかに距離を開いた。するとようやくモヴィスターは許可を出した。もっともヴァンアズブロックはすぐに後方へと退却したから、ますます好都合だった。逃げには最大2分半ほどのリードしか与えず、モヴィスターはメイン集団で全員隊列を組み続けた。

あまりに高速で引き続けたものだから、途中で分断さえ発生した。残り35km、細く長く伸び切ったプロトンが、前から30番目くらいでプチンと切れた。イェーツやステフェン・クライスヴァイク、ミゲル・アンヘル・ロペスが、うっかり後方へと取り残されてしまった。幸いにもボーラ・ハンスグローエが穴を塞ぎに走った。集団はあっさりひとつに戻り、マイヨ・ロホも危機を脱した。

最終峠に入る直前に設置されていた中間ポイントを、モヴィスターは取らなかったのだろうか。それとも取れなかったのだろうか。逃げの吸収にはわずか15秒ほど間に合わず、3位通過……つまりボーナスタイム1秒収集の機会は、イェーツのアシスト役ルカ・メツゲッツに潰された。結局、全長17kmのラバサ峠に上り始めた直後に、2人の逃げにモヴィスターは終止符を打った。

約140kmの平地をひたすら高速で突き進んだ果てに、たった1つだけの、しかしとびきり恐ろしい山道へと上り始めた。ここでもモヴィスターは制御権を固守し、ウィナー・アナコナが最前列でテンポを刻んだ。登坂口から1kmに渡って続く13%超の激勾配で、メイン集団をあっというまに小さく分解した。

お知らせ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 全21ステージ独占生中継!
マラガからマドリードまで、灼熱のスペインを駆け抜けるグランツール最終戦。勝敗を決めるのは、体力か、知力か、それとも女神の微笑か。3271.4km先のゴールを目指し、23日間の壮大なドラマが、はじまる。


特設サイトはこちら >> https://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta/

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ