春はゲームキャプテンを務めた湯川副主将

9月16日(日)より開幕する関東大学ラグビーリーグ戦1部。モスグリーンジャージの大東文化大学は、昨年のリーグ戦で22年ぶり8度目の優勝を成し遂げた。

今年の大東文化は、FW(フォワード)とBK(バックス)が一体となった『ボールをアクティブに動かすラグビー』で、リーグ戦2連覇と24年ぶりの大学選手権優勝を狙う。

昨年からの強みであるFWのスクラムは今年も健在だ。古畑翔(スポ科4=大阪桐蔭)と藤井大喜(社経3=黒沢尻工業)の強力な両PR(プロップ)に加え、膝のケガから癒えた平田快笙主将(環境4=大東大一)が、8月15日に行われた夏合宿での早稲田大学戦で満を持して復帰。

FW第2列、第3列も豊富にメンバーをそろえる。LO(ロック)では、こちらも肩のケガから復帰した力強い前へのアタックが魅力の佐々木剛(社経3=八戸西)と、豊富な運動量とテクニックを兼ね備える服部鋼亮(環境3=中部大春日丘)がポジションを争う。

FL(フランカー)は湯川純平副主将(現経4=御所実業)と浅沼樹羅(社経4=三本木農業)の4年生コンビ以外にも、湯川副主将が「試合の流れを変えられるタックルが出来る」と評価する篠原大政(スポ科3=国学院栃木)にも注目してみたい。

そして、NO8(ナンバーエイト)にアマト・ファカタヴァ(外英4=ティマルボーイズ高)を据えたFW陣は、間違いなく大学屈指の破壊力を誇るだろう。

BKにも強力な選手をそろえる。春季大会の帝京大学戦で負傷離脱したSH(スクラムハーフ)南昂伸(社経2=御所実業)は、平田主将や佐々木と同じく夏合宿で実践復帰した。

そして、SO(スタンドオフ)とFB(フルバック)どちらでもプレーが出来る大矢雄太副主将(環境4=中部大春日丘)と鈴木匠(スポ科2=札幌山の手)が、南とともにアタックの司令塔を担うこととなる。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ