ジュール・クルーゼル(ヤマハ)

「スーパースポーツ世界選手権」の第9戦がポルトガルのポルティマオにあるアルガルヴェ国際サーキットで9月14日(金)〜16日(日)に開催されます。J SPORTSでは日本人ライダーの大久保光(おおくぼ・ひかり)が出場するこのレースを9月16日(日)に生放送でオンエアします。また、J SPORTSオンデマンドでもLIVE配信します。

さて、約2ヶ月のサマーブレイクを経て開催される「スーパースポーツ世界選手権」ですが、今季は完全にヤマハイヤーとなっています。8レースを終えて優勝ライダーは全てヤマハ。ランキングも1位から5位までがヤマハのライダーとなっており、MVアグスタで奮闘中のラファエル・デローサがその戦いに加わっているくらいで、ヤマハYZF-R6の速さが目立つシーズンになっています。

そんな中、今季の注目はやはりサンドロ・コルテセ(ヤマハ)とジュール・クルーゼル(ヤマハ)の戦いではないでしょうか。残り4戦となって、実質的にチャンピオン争いはこの2人に絞られてきました。

現在のポイントを見てみましょう。まず、ランキング首位がサンドロ・コルテセ(ヤマハ)で138点。今季スーパースポーツ世界選手権にデビューしたドイツ人グランプリライダーのコルテセはアラゴンとドニントンパークで優勝を飾るなど期待通りの活躍を見せています。

そしてランキング2位はフランスを代表するスーパースポーツ世界選手権の名手、ジュール・クルーゼル(ヤマハ)で133点。こちらはアッセン、イモラ、ブルノと3勝を飾っており、ヤマハのマシンに乗り換えた今季は絶好調です。しかし、前戦のミサノでは表彰台に上がれず、2点差まで詰め寄ったコルテセとの差が5点まで広がってしまいました。とはいえ、まだ焦る必要がない射程圏内ですから、これから4戦は大雪山のビッグバトルが期待できそうです。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ