神業的なタイム差で逃げ切ったイェーレ ・ワライス

神業的なタイム差で逃げ切ったイェーレ ・ワライス

あえて、このステージに、狙いを定めた。山がひとつもない、極めて単純なはずの平坦ステージに向けて、わざわざ数日前から体力を温存し続けた。とんでもない衝撃を作り出せる確信はあった。そしてイェーレ ・ワライスは見事にやってのけた。力強い脚と、鉄の心臓と、なにより驚くべき戦術能力とを駆使して、スプリンターチームの追い上げをぎりぎりで交わしきった。

160人に小さくなったプロトンから、スタート直後に3選手が飛び出した。あっさり逃げは容認された。しばらく先でクイックステップフロアーズが制御に乗り出した。すぐにトレック・セガフレードも作業の分担に名乗りを上げ、ボーラ・ハンスグローエも前方に牽引要員を送り込んだ。逃げには最大でも3分ほどのリードしか与えなかった。ステージ折り返し地点の補給地点を過ぎてからは、タイム差を延々2分程度で巧みに保ち続けた。3つのスプリンターチームは、なんのミスも怠慢も犯さず、至って予定通りに集団スプリントフィニッシュへと向けて突き進んでいた。

前方を走るイェーレ ・ワライスとスヴェンエリック・ビストラム、イェツ・ボルもまた、ひたすら黙々とペダルを回していた。ひときわ風の強い地域で、幸いにも、追い風が背中を押してくれた。おかげで走行スピードは、常に時速45kmを超えた。

フィニッシュまで約35km。前方の3人は、ほんの少し走行速度を引き上げた。タイム差も2分40秒にまで広がった。当然ながらメインプロトンも、加速にきっちり呼応したはずだった。どこかに誤算があったのだとしたら、逃げ集団の加速のタイミングが、きっちり計算に基づいたものだったということ。

「残り50kmを切った後、前方の3人で話し合ったんだ。35km付近で加速することで合意した。というのも、そこから先は、カーブやロータリーが多発する。大きな集団にとっては、地形のせいで、追走スピードを上げるのが難しい。それにちょうど軽い下りパートだったから、スピードアップには非常に適していた」(ワライス)

ワライスの読みは的中する。集団は必死にスピードアップを図った。長く細い一列棒状となり、時には小さな亀裂も生まれた。ラスト20kmでは差はいまだ1分40秒も残っていた。前夜の奮闘で総合3位に格上げしたエンリク・マスのために、できるだけ人員を温存しておきたかったはずのクイックステップも、2人体制で高速チェイスを試みた。ところが残り15kmを切っても、あいかわらず距離は1分15秒開いたまま。

お知らせ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 全21ステージ独占生中継!
マラガからマドリードまで、灼熱のスペインを駆け抜けるグランツール最終戦。勝敗を決めるのは、体力か、知力か、それとも女神の微笑か。3271.4km先のゴールを目指し、23日間の壮大なドラマが、はじまる。


特設サイトはこちら >> https://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta/

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ