新たに見つかった右肘の故障によりトミー・ジョン手術を勧告されながらも、大谷翔平のバットが火を噴き続けている今日この頃である。

こうなってくると、今後、大谷はどうすべきなのか、皆目見当がつかなくなってくるとともに、興味深くもなってくる。

当然、現地記者も同じことについて考えを巡らせているようで、本日は「MLB.com」に現地火曜付で掲載された記事を紹介しようと思う。タイトルは“ショウヘイ・オオタニは2020年に投げるべきか打つべきか、あるいは両方すべきか”。

「トミー・ジョン手術を受けたほとんどの選手は(リハビリに1年以上かかるため)しばらく世間の目から離れることになるが、言うまでもなく、オオタニは“ほとんどの選手ではない”」とした上で、次のように論じた。

「彼は打者として非常に素晴らしく、実際のところ、今では少なくともこれから前に進む上で、彼を最大限活かす最良の方法が何であるのかが疑問となっている」。

「フルタイムの打者とするべきか?マウンドに残しつつ、今年とは異なる起用法を用いるべきか?ではここで、幾つかのオプションについて考えてみよう」。

そして、この記者の考える大谷に関する2020年へ向けたシナリオとは以下の通りである。

◆その1: 2019年はDHで出場し、2020年にローテーション復帰

「程度の差はあれ、これは今年彼がやったことであり、恐らく、2020年に彼のマウンド復帰への準備が整った際は、また同じようなことになるだろう。彼は週に何度かDHで出場し、週に1回先発することになる。これについて、どうなるのかを思案しても、そこまで興味深くはない」。

「というのも、我々は既にそれがどのようなものなのか見ているから。しかし、2019年についてのみ考えると、これは興味をそそる疑問となる。なぜならば、投球できないことでDHとしての出場機会が増えるからだ」。

「今季、彼が怪我をしていなかったと仮定した場合、シーズンを通した打席数は大体400ほどになったと考えられるが、2019年に開幕試合からDHに専念したと仮定すると、年間の打席数は600を越えることになる。これはかなり大きな違いだ」。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ