1973―74シーズンにトップリーグから降格したときも、マーティン・バッカンというすぐれた選手がいた。80年代はケヴィン・モランとポール・マグラーがからだを張り、90年代に入るとヘニング・ベルグ、ロニー・ヨンセン、ガリー・パリスター、ヤープ・スタム。いずれもスピードはなかったけれど、対人プレーだけはメチャクチャ強かった。スタムはざっくり切れた右まぶたを止血するとき、医療用のホチキスで傷口を止められても、いっさい表情を変えなかったっけ。ゾゾゾ……でも、頼もしかったな。

2000年代はリオ・ファーディナンドとネマニャ・ヴィディッチだ。当時の最強にして最高のコンビ。勝つためだったらファウルも厭わず、マンチェスター・ユナイテッドのために全力を尽くした。また、ユーティリティーのジョン・オシェイも、忘れてはいけない選手のひとりだ。メディアをにぎわせるタイプではなかったものの、与えられた役割はほぼ完璧にこなしていた。

ユナイテッドのセンターバックは、名うての強者が揃っていた。ところが……。

各方面から批判が集中している。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ