ITTで圧倒的強さをみせたローハン・デニス

ITTで圧倒的強さをみせたローハン・デニス

総合上位4人がたったの43秒以内に並ぶ接戦状態から、上位6人が1分34秒以内で競り合う構図へと変わった。ステフェン・クライスヴァイクはとてつもない激走で総合3位へと駆け上がり、サイモン・イェーツは大切なマイヨ・ロホを失うどころか、むしろ総合2位アレハンドロ・バルベルデへさらに7秒差を突きつけた。大会初日8kmの個人タイムトライアルでは2位以下に6秒差をつけたローハン・デニスが、32kmの単独走行の終わりに、50秒のリードで優勝を手に入れた。

大会2回目の休息日が終わり、大会も残り6日。しかしローハン・デニスにとっては、最後の1日だった。厳しい山岳3連戦をひたすら耐え抜いてきたオーストラリアTTチャンピオンは、固く心に誓っていた。「このTTで2勝目を上げて、家に帰るのだ」と。

「世界選手権に向けて、今大会には開幕TTと今日のTTのためだけに乗り込んだ。初日を勝った後、『2週間後には、これより20km以上長いコースを走るんだぞ』と自分に言い聞かせて、体力をできる限り温存しながら走ってきた」(デニス)

目論見通りに初日を制し、マイヨ・ロホを1日だけ着用したデニスは、この日は全出走166人中65番目にスタートを切った。ほんの3人前にTT巧者ヨナタン・カストロビエホが走っていたのは、実にありがたかった。スカイのスペイン人は、途中2つの計測地点をトップタイムで通過した上に、走行後は暫定首位に立ったからだ。

「カストロビエホのタイムは良い指針となった。自分にいい走りが出来ているのかどうかを判断できたからね。そもそもパワーメーターの数字を見れば、好パフォーマンスを実現できたことは分かっていた。とにかく序盤は出力を制御して走り、中盤の起伏では全力を尽くし、そのまま最終盤は落ち着いてスピードを保ち続けた」(デニス)

いずれの中間計測でも、カストロビエホのタイムを塗り替える好走を披露した。フィニッシュラインは最速の37分57秒で駆け抜けた。ただミカル・クヴィアトコウスキーに追い抜かれないかどうかだけが少々心配だった。……しかし、デニスの後を継いで大会2日目からマイヨ・ロホを着たスカイのポーランド人は、51秒も遅かった。むしろチームメートのジョセフ・ロスコフが力強い走りで、50秒差の区間2位に食い込んだ。

お知らせ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 全21ステージ独占生中継!
マラガからマドリードまで、灼熱のスペインを駆け抜けるグランツール最終戦。勝敗を決めるのは、体力か、知力か、それとも女神の微笑か。3271.4km先のゴールを目指し、23日間の壮大なドラマが、はじまる。


特設サイトはこちら >> https://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta/

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ