NTTコミュニケーションズ vs. サントリー

心地よい夜風のなか、手に汗握る熱戦が展開された。

8月31日(金)開幕のトップリーグは第2節。9月7日(金)、東京・秩父宮ラグビー場では、0勝1敗のNTTコミュニケーションズ シャイニングアークスと、1勝0敗のサントリーサンゴリアスが激突した。

開幕節で神戸製鋼に7点差(27−34)で惜敗したNTTコムと、トヨタ自動車と2点差(27−25)の大熱戦を演じたサントリー。

ともに接戦からスタートした両軍は、9029人が集った金曜のナイトゲームで、ふたたび熱闘を演じた。

序盤はサントリーペース。ボールを保持し、日本代表SH流大の配球から、ハイテンポかつ圧力の高いアタックを仕掛ける。

ディフェンスに回ったNTTコムは前半3分、11分と、それぞれオフサイド、ノットロールアウェイの反則を犯し、2PG(ペナルティゴール)により計6点を失う。

NTTコムのFL金正奎キャプテンが「オフサイドの部分で、1メーターすこし下がるであるとか、そういう小さな積み重ね。そこがサントリーさんとの差」と語るなど、この日のNTTコムは規律に苦しんだ。

さらにサントリーは前半13分、CTB梶村祐介が相手DFの間隙を突いてインゴールへ突進。1年前は明大のジャージーを着ていたゴールデンルーキーが、記念すべきトップリーグ初トライ。明大の先輩であるSO田村煕のゴールも成功し、13−0とした。

サントリーのSH流キャプテンは、序盤の好スタートなどについて「ダイレクトにアタックすれば、ディフェンスが広いNTTコムさんに良いアタックができた」と振り返った。

しかしサントリーのリズムを寸断したのが、NTTコムのスクラムだった。

NTTコムのPR上田竜太郎はこの日のスクラムを「なかなか(相手と)合わなかった」と振り返ったが、序盤でチームを前進させたのはスクラム戦によるペナルティ。

NTTコムで5年目のロブ・ペニーHC(ヘッドコーチ)は「2年前はサントリーにスクラムでボコボコにやられました」と過去対戦を振り返った。しかし近年成長したスクラムで、この日は幾度もチームを前進させた。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドではリーグ戦を全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ