ステージとマイヨ・ロホの両方を一気に仕留めたサイモン・イェーツ

ステージとマイヨ・ロホの両方を一気に仕留めたサイモン・イェーツ

5月のイタリアでは6日目に颯爽と頭角を表したが、閉幕3日前にピンクの鎧を剥ぎ取られた。スペインでは決して焦らず、調子の高まりを静かに待った。予定外に途中で3日間赤いジャージを身にまとったけれど……、この第14ステージ、ついに時は満ちた。未知の激坂で、サイモン・イェーツは力強くアタックを打つと、ステージとマイヨ・ロホの両方を一気に仕留めた。

激坂山頂フィニッシュ3連戦の中日は、比較的あっさりと逃げができ上がった。大会序盤に3日間マイヨ・ロホを満喫したミカル・クヴィアトコウスキーが仕掛けると、スタートから10kmほどで、6人が抜け出した。ワールドチーム所属選手ばかりが揃ったエスケープは、ほんの20km逃げただけであっさり3分45秒のリードを奪った。

ただし、これが、最大のタイム差だった。ヘスス・エラダのマイヨ・ロホを守るため、コフィディスがせっせと制御に励んだ。しかも30km地点から、早くもモヴィスター チームが牽引作業に加わった。もちろんすぐに吸収するつもりなどなく、生かさず殺さず、延々と2分ほどのタイム差を保ちつづけた。

おかげで2日連続で逃げに滑り込んだトーマス・デヘントは、悠々と山岳ポイント収集に励んだ。しかも連日前方で踏ん張ってきた青玉ルイス・マテマルドネスが、この日はプロトン最後尾に沈んでいた。その隙に、プロトン屈指の逃げスペシャリストは、序盤3峠でまんまと先頭通過を果たす。この日だけで大量25ptを収集し、大会2日目から山岳賞首位を堅守するマテを、ついに10pt差へと追い詰めた。

ほんの少し残念だったのが、3つ目の山岳からの下りで、メカトラブルに襲われてしまったこと。完全に前方集団から脱落し、残り2峠でのポイント収集のチャンスを、デヘントは永遠に失ってしまった。

逃げ集団にとっても残念な知らせだった。なにしろ3つ目の上りで、すでにイバン・ガルシアは自発的に後方へと下がっていた。所属チームのバーレーン・メリダが、チーム一丸となり、大掛かりな攻撃に転じたせいだった。またデヘントが抜けた直後には、マイケル・ウッズが落車で姿を消した。あっという間に逃げ集団は人数を減らし、ただクヴィアトコウスキーと、BMCの2人、ニコラス・ロッシュとブレント・ブックウォルターだけが前方に取り残された。

お知らせ

8/25開幕! ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 全21ステージ独占生中継!
マラガからマドリードまで、灼熱のスペインを駆け抜けるグランツール最終戦。勝敗を決めるのは、体力か、知力か、それとも女神の微笑か。3271.4km先のゴールを目指し、23日間の壮大なドラマが、はじまる。


特設サイトはこちら >> https://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta/

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ