9月9日(日)、早稲田大学の関東大学対抗戦がいよいよ幕を開ける。その初戦は筑波大学。初戦にして対抗戦の命運を左右しかねない大きなヤマ場を迎えることになった。

春シーズンは結果が出ずに苦しんだものの、夏のオープン戦では帝京大学に勝利を収めるなど、着実に成長曲線を描きつつある。いざ、10年ぶりの『荒ぶる』奪還へ。勝負の秋がいよいよ始まる。

課題であるセットプレーで優位に立てるか

筑波大戦で命運を分けるのは言うまでもなくセットプレーだ。「筑波大のセットプレーは本当に上手い」(佐藤真吾主将、スポ4=東京・本郷)との言葉通り、早大は筑波大のセットプレーに苦しめられているのは事実で、関東大学春季大会に対戦した際も、早大のマイボールラインアウト成功率はわずか50%にとどまっている。

実際、今季のここまでの戦いではセットプレーは課題の一つとして挙がっている。

スクラムでプレッシャーを受けて、ペナルティーを献上してエリアを進められたり、ラインアウトでも球出しが遅れた結果、その後のアタックで押し込まれたり、ミスが出てしまうケースが散見されているのだ。

まずは確実にマイボールをキープし、ミスなくタレントの揃ったBK(バックス)陣のアタックにつなげていきたい。

筑波大とは関東大学春季大会でも対戦し、21-38で敗れた。特に前半は0-24と大きく差を広げられてしまった。

このとき、敗因となったのがアタックでのミスの多さ。ミスから切り返され、一気に筑波大にゲインを許した結果、被トライに結びついてしまったのだ。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ