オスカル・ロドリゲスの名前が世界中に響き渡る!

オスカル・ロドリゲスの名前が世界中に響き渡る!

ラスト2.5kmの壁が、本物の強者をあぶり出した。前方では無名の23歳オスカル・ロドリゲスが、世界中にセンセーションを巻き起こした。後方ではナイロ・キンタナとサイモン・イェーツが、自らこそが2018年ブエルタのマイヨ・ロホ候補であることを、改めて強烈に印象づけた。

32人の巨大な逃げは、スタートからほんの15kmほどで出来上がった。ブエルタ参加の全22チーム中、実に17チームが、前方へと選手を送り込んだ。うち9チームが複数人をエスケープに投入した。中でもラファル・マイカやバウケ・モレマといったビッグネームのために、それぞれ2人のチームメートが、惜しみなく先頭交代に加わった。なんとロット・ソウダルに至っては、「当初の指示は3人だったんだけど」(byビョルグ・ランブレヒト)……大胆にも5人で逃げた!

人数が多い上に、牽引要員を大量に要する前方集団は、至極簡単にプロトンとの差を開いていった。差はあっさり最大9分半にまで広がった。

新たにマイヨ・ロホを身にまとったヘスス・エラダは、「ジャージを守る」と高らかに宣言した通り、チーム総出でコントロールを試みた。なにしろ前方には、区間2勝にして、総合で7分04秒遅れのベンジャミン・キングが潜んでいた。

「最初は僕も逃げに飛び乗ったんだ。でもすぐに後ろに下がった。もしかしたら、できるだけ長く、前に留まるべきだったのかもしれない。そうすればチームメートの作業も少しは減っただろうから。とにかく32人も前にいたから、制御はひどく大変だった。ありがたいことに、他のチームが牽引に加わってくれた。彼らの協力がなければ、到底ジャージ保守は不可能だっただろう」(エラダ)

元所属チームのモヴィスターが、牽引作業を積極的に分担してくれた。ステージ半ばの1級峠に差し掛かると、アスタナも前方を引き始めた。24時間前に「自発的に」ジャージを手放し、制御作業の責務から解放されたはずのミッチェルトン・スコットさえも、残り30kmを切るとスピードアップに加わった。おかげで全長8.3kmの最終峠の入り口で、差は3分45秒にまで縮まった。

お知らせ

8/25開幕! ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 全21ステージ独占生中継!
マラガからマドリードまで、灼熱のスペインを駆け抜けるグランツール最終戦。勝敗を決めるのは、体力か、知力か、それとも女神の微笑か。3271.4km先のゴールを目指し、23日間の壮大なドラマが、はじまる。


特設サイトはこちら >> https://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta/

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ