今ブエルタ2勝目をあげたエリア・ヴィヴィアーニ

今ブエルタ2勝目をあげたエリア・ヴィヴィアーニ

勝てなかった日々の悔しさを、エリア・ヴィヴィアーニが見事に晴らした。チームの仲間が組み上げた完璧な列車に乗って、今ブエルタ2勝目、今季グランツール6勝目をさらい取った。最終盤に2度もパンクに襲われたサイモン・イェーツも、やはりチームメートの献身のおかげで窮地を脱した。無事にメイン集団内で走り終え、1秒差のマイヨ・ロホをしっかりと守り抜いた。

今ブエルタで間違いなく最も静かな1日だった。暑さは峠を越え、心配されていた風も、それほど強くは吹付けなかった。道は全般に渡ってほぼ平坦で、しかも逃げたのはたった2人だけ!

まずはジーザス・エズケラがひとりで飛び出すと、すぐに2分ほどの差をつけた。途端にトーマス・デヘントやリッチー・ポートもそわそわとした態度を見せたが、結局はティアゴ・マシャドがひとりで追いかけた。2人はすぐに合流を果たすと、メイン集団から一時は4分近いリードを奪った。

後方では4つのスプリントチームが作業を分け合った。ヴィヴィアーニのクイックステップフロアーズ、ペーター・サガンのボーラ・ハンスグローエ、ジャコモ・ニッツォーロのトレック・セガフレード、ナセル・ブアニのコフィディスソリュシオンクレディが、それぞれに人員を集団前方へと派遣した。残り95kmで一気に差を2分半ほどに縮めると、その先は、しばらく1分半から2分半ほどの間を保ち続けた。

ステージも残り45kmを切ると、プロトンは次第に緊張感で満たされれていく。総合系チームがこぞって集団前方へと競り上がったせいだ。しかも残り41.7km地点には、中間ポイントが待っていた。すなわちメイン集団にも3位通過=ボーナスタイム1秒の権利が残されており、まさしく総合首位イェーツと2位アレハンドロ・バルベルデの差が1秒だから……なにやら激しい争いが期待された。

が、結局は、2人の間ではスプリントは繰り広げられなかった。代わりにロットNL・ユンボが小さな隊列を組み、総合10位ジョージ・ベネットが3位通過を果たした。つまり休息日前夜は総合トップ10が48秒以内にひしめき合っていたが、ここから先は、47秒以内にぎゅうぎゅう詰めの状態となる。

お知らせ

8/25開幕! ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 全21ステージ独占生中継!
マラガからマドリードまで、灼熱のスペインを駆け抜けるグランツール最終戦。勝敗を決めるのは、体力か、知力か、それとも女神の微笑か。3271.4km先のゴールを目指し、23日間の壮大なドラマが、はじまる。


特設サイトはこちら >> https://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta/

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ