神戸製鋼vs.NTTコミュニケーションズ

短期決戦の熱量ゆえか。それとも、2019年W杯へ向けたファンの期待感ゆえか。

8月31日(金)開幕のトップリーグが白熱している。

愛知・豊田スタジアムで行われたトヨタ自動車ヴェルブリッツ×サントリーサンゴリアスには、3万1332人が来場し、トップリーグの歴代最多入場者数の2万7871人を更新。

また開幕節の8試合中6試合が、7点差以内の接戦。実に6チームが「7点差以内の敗戦」によるボーナスポイント「1」を獲得した。

先週金曜の夜、兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われた神戸製鋼コベルコスティーラーズ×NTTコミュニケーションズ シャイニングアークスも、そんな熱戦のうちのひとつだったろう。

昨季5位の神戸製鋼は今季、ニュージーランド(NZ)代表で112キャップを重ねた世界的スター、ダン・カーターが新加入。

しかし、主に代表初期はセンターでもプレーした天才司令塔はメンバー外となり、この日はウォーターボーイとしてピッチに登場。

司令塔を務めたのは、精確なプレースキックを武器に、今年スーパーラグビーのサンウルブズ(日本)で躍動した新加入のヘイデン・パーカーだ。

敵地に乗り込んだ昨季9位のNTTコムは今年、千葉・浦安市に完成した新拠点「アークス浦安パーク」が話題に。

この日は、チームから日本代表の第2次トレーニングスコッドに選出された2人、CTBシェーン・ゲイツ、東芝から移籍のWTB石井魁も先発。昨季はドロー決着(28−28)だった相手との再戦に臨んだ。

試合前の激しい雨により、ハンドリングエラーが起きやすい状況となるなか、午後7時30分にキックオフ。

お知らせ

\8月31日開幕/
J SPORTSオンデマンドでは、
ジャパンラグビー トップリーグを配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ