超級山頂フィニッシュの王となったベンジャミン・キング

超級山頂フィニッシュの王となったベンジャミン・キング

5日前に1級山頂フィニッシュ勝ち取ったベンジャミン・キングが、この日は超級山頂フィニッシュの王となった。大会前半戦のクイーンステージの終わりに、総合争いの構図はクリアになるどころか、よりいっそう混沌さを増した。マイヨ・ロホはわずか1秒差でサイモン・イェーツの手に渡り、総合トップ10は、わずか48秒差でひしめきあっている。

待ちに待った休息日を翌日に控えて、全力を尽くすと決めた選手も多かったに違いない。これまでの8日間で、すでに4回も逃げてきたルイス・マテマルドネスもその1人だった。スタートフラッグが振り下ろされた瞬間に、全速力で前方へと駆け出すと、10人の仲間と共に長いエスケープへと乗り出した。

「今日は僕にとって実に好都合だった。だって前半に1級を含む3つの峠が待ち構えていたからね。だから目的はとにかく、その3つを先頭で通過することだったんだ」(マテ)

それほど楽々と目標達成できたわけではなかった。なにしろ第4ステージの大逃げ勝利時にかなりのポイントをかき集めていたキングに、やはり翌第5ステージに逃げたバウケ・モレマ、さらには2日目に一緒に前方を走ったトーマス・デヘントという実力者3人も、青玉ジャージ用ポイントに意欲を示したからだ。

幸いにもマテは、チームメートのケネス・ヴァンビルセンが一緒に逃げに付いてきたくれたおかげでーー本来はナセル・ブアニのスプリント発射台要員なのだがーー、最大限に力を温存することができた。まんまと序盤3峠のすべてで狙い通り首位通過を果たすと、青玉の着用権利を数日間さらに延長した。少なくともマテは、第13ステージの夕方までは、青玉で過ごすことができる。

後方のメイン集団では、この日もまた、グルパマ・FDJが最前列で牽引を続けていた。第5ステージの大逃げの果てに、リュディ・モラールがマイヨ・ロホを手に入れてから4日目。休息日をなんとか赤ジャージで過ごしたいと願うフランスチームは、苦しい作業を強いられた。前方を逃げる6分34秒遅れのキングを警戒せねばならない。かといって吸収してしまえば、総合ライバルにボーナスタイムを取られる危険性がある。しかもモラールが「スタート直後に今日はバッドデーだと感じた」というから、周りに悟られぬよう努めねばならなかった。

お知らせ

8/25開幕! ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 全21ステージ独占生中継!
マラガからマドリードまで、灼熱のスペインを駆け抜けるグランツール最終戦。勝敗を決めるのは、体力か、知力か、それとも女神の微笑か。3271.4km先のゴールを目指し、23日間の壮大なドラマが、はじまる。


特設サイトはこちら >> https://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta/

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ