「第12回 BFA U18アジア野球選手権大会」が、9月3日(月)から宮崎県内で開催される。

18歳以下の選手によって争われる野球のアジア選手権で、8つの国と地域が参加し、上位3チーム(開催国の韓国を含め)が、2019年夏に韓国で開催される世界大会(WBSC U-18野球ワールドカップ)へ進むことになる。

日本が戦う試合数は最大で6試合だが、大会は3つの段階に分かれている。一次ラウンドは4チームずつ2組に分けたいわゆる予選リーグで、日本は3日から香港、スリランカ、韓国と3連戦を戦う。

ここで上位2チームに入ると「スーパーラウンド」に進み、ここで2試合。仮に日本と韓国が勝ち上がった場合、韓国戦の結果はそのまま持ち越しとなり、スーパーラウンドの2試合を含む計3試合の勝敗が決勝進出の2強を確定させる材料となる。9日に予定されている決勝戦、3位決定戦で最終結果が決まる。

今大会から導入された興味深い制度が、投手の投球数制限だ。1試合の最大投球数は105球(※この球数を越えても、その打者が終わるまではマウンドに立てる)で、105球以上に達した場合は4日間の休息が義務づけられる。

50球以上に達した場合も中1日を空けなければならない。また球数と関係なく3日続けて登板した場合の4連投目は認められない。

「侍ジャパンU18代表」として日の丸をつけるのは、選りすぐりの18名。投手8名、捕手2名、内野手5名、外野手3名という構成だ。この18名から、間違いなくドラフト1位指名が複数名出るだろう。

【出場選手一覧】

◆投手(8人)
11 柿木蓮(大阪桐蔭)
13 板川佳矢(横浜)
14 渡邉勇太朗(浦和学院)
15 野尻幸輝(木更津総合)
16 吉田輝星(金足農業)
17 奥川恭伸(星稜)
18 市川悠太(明徳義塾)
19 山田龍聖(高岡商業)

◆捕手(2人)
10 小泉航平(大阪桐蔭)
22 根来龍真(常葉大菊川)

◆内野手(5人)
1 中川卓也(大阪桐蔭)
2 日置航(日大三)
5 根尾昂(大阪桐蔭)
7 小園海斗(報徳学園)
8 奈良間大己(常葉大菊川)

◆外野手(3人)
21 蛭間拓哉(浦和学院)
24 峯圭汰(創成館)
28 藤原恭大(大阪桐蔭)

監督は報徳学園の前監督である永田裕治氏が務める。チームは甲子園大会出場終了後から合宿を積み、侍ジャパン大学代表、明治大学、宮崎県高校選抜と既に調整試合を積んでいる。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
U-18アジア野球選手権の侍ジャパン戦を配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
★詳しくはこちら
※総合パックでもご視聴いただけます。
★侍ジャパン特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ