大ベテランのアレハンドロ・バルベルデが圧巻の区間勝利

大ベテランのアレハンドロ・バルベルデが圧巻の区間勝利

区間トップ10にピュアスプリンターからピュアクライマーまでが並ぶ、稀に見る奇妙なフィニッシュだった。中でも上れるスプリンターのペーター・サガンと、スプリントからヒルクライムまで全てをこなすアレハンドロ・バルベルデが、手に汗握る一騎打ちを繰り広げた。3連覇中のアルカンシェルを、常磐のみどりが鮮やかに打ち破った。

「この2日間に比べれば、ほんの少し簡単なステージだった。でもフィニッシュはかなり難解だったね」(リュディ・モラール)

たしかに、マイヨ・ロホにとっては、それほど苦労させられた1日ではなかったはずだ。スタート直後にティアゴ・マシャド、ホルヘ・クベロ、エクトル・サエスが飛び出すと、それ以上の反乱は起こらなかった。道はたいして起伏に満ちているわけでも、強風が吹き荒れているわけでもなく。ただ日陰でも摂氏40度を超える気温だけはひどく堪えたが……すでに南スペインで1週間走り続けてきたプロトンにとって、暑さはもはや敵ではなかった。

なによりグルパマ・FDJにとって幸いだったのは、スプリンターチームが積極的に追走作業を請け負ってくれたこと。タイム差が最大12分ほどにまで開くと、ボーラ・ハンスグローエ、クイックステップフロアーズ、コフィディスソリュシオンクレディ、トレック・セガフレード等々の俊足エースを擁するチームが、プロトン最前線に人員を送り込んだ。おかげでエスケープとの距離は苦もなく縮まっていった。残り100kmで11分近くもあったタイム差は、残り50kmで5分、20kmで2分、10kmで35秒……。ついには残り6kmできっちり全員を回収した。

お知らせ

8/25開幕! ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 全21ステージ独占生中継!
マラガからマドリードまで、灼熱のスペインを駆け抜けるグランツール最終戦。勝敗を決めるのは、体力か、知力か、それとも女神の微笑か。3271.4km先のゴールを目指し、23日間の壮大なドラマが、はじまる。


特設サイトはこちら >> https://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta/

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ