ラスト2kmで抜け出したトニー・ガロパンが区間勝利

ラスト2kmで抜け出したトニー・ガロパンが区間勝利

スペインでフランス人たちが大活躍を続けている。しかも所属チームは違えども、クラシカ・サンセバスティアン後に2週間のアンドラ高地合宿へと一緒に出かけた2人……リュディ・モラールとトニー・ガロパンが、この日の表彰台を分け合った。前者は3日連続で総合リーダーの証マイヨ・ロホを受け取り、後者はラスト2kmの鋭いアタックを成功させ、第7ステージを勝ち取った!

「ジャージ初日に『これから3日間は静かなステージだぞ』って言われたけど……いやいや、とんでもなかった。とにかく、これまでのところは、静かなステージなんてまるで存在しないよね」(モラール)

もしかしたらステージ序盤だけは、比較的、静かに過ごせたかもしれない。スタート直後に小さな一団が逃げ出すと、総合リーダーチームのグルパマ・FDJはすかさずプロトンに蓋を閉めた。後を追いかけようと、数人が抵抗を見せたが、回収は素早く行われた。結局はファーストアタックに飛び乗った7人だけが、しばらく先を行く権利を手に入れた。

グルパマ隊列はただ淡々とタイム差「制御」を行った。逃げ集団には最大4分ほどのリードを与えた。なにしろ7人の中に、モラールのマイヨ・ロホを脅かす選手は、1人として存在しない。たしかに昨ブエルタで総合7位と大躍進したマイケル・ウッズが滑り込んではいたが、すでに総合では8分25秒もの遅れを喫していた。

真剣な「追走」を企てたのは、むしろ他のチームだった。調子さえ良ければペーター・サガンにも勝てるかもしれない……と評判の最終坂に集団でたどり着くため、ボーラ・ハンスグローエは最前列に常に追走用員を1人配置した。ミカル・クヴィアトコウスキーにはぴったりの地形だ、との呼び声も高く、残り50kmを切るとチームスカイは隊列を組んだ。つまるところはアレハンドロ・バルベルデ向きのフィニッシュであるからして、モヴィスターも前を引き始めた。

お知らせ

8/25開幕! ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 全21ステージ独占生中継!
マラガからマドリードまで、灼熱のスペインを駆け抜けるグランツール最終戦。勝敗を決めるのは、体力か、知力か、それとも女神の微笑か。3271.4km先のゴールを目指し、23日間の壮大なドラマが、はじまる。


特設サイトはこちら >> https://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta/

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ