4年ぶりにグランツール区間勝利したナセル・ブアニ

4年ぶりにグランツール区間勝利したナセル・ブアニ

平坦なスプリンター向きステージの終わりに、罠が待ち受けていた。集団落車と横風の合わせ技で、大きな分断が発生し、2人の総合表彰台候補がタイムを落とした。前日から嵐のまっただ中にいたナセル・ブアニは、荒れ模様だったステージの終わりに、4年ぶりのグランツール区間勝利を手に入れた。

始まりは穏やかに凪いでいた。3選手がスタート直後に飛び出すと、プロトンから特に異論反論は起こらなかった。マイヨ・ロホ取り立てほやほやのグルパマ・エフデジがすぐに制御に乗り出し、スプリンター擁するクイックステップフロアーズとトレック・セガフレードも1人ずつ牽引要員を提供した。逃げには最大3分半程度のリードを与え、乾いた大地で、淡々と時は過ぎていった。

幸いにも、前を走る3人は、逃げメンバーとしては興味深かった。たとえばブルゴスBHは2日目から毎日必ず1人ずつ、それも毎日違うメンバーをエスケープに送り込んできた。この日はチーム最年少のホルヘ・クベロが前に飛び出した。一方ここまでのラインステージ5日間で、実に4回目の逃げに乗ったのがルイス・マテマルドネスだ。前日こそ「ファンの多数決」に従いメイン集団で静かに過ごしたが、この日は再び前線へ躍り出た。いつもの「逃げ仲間」ピエール・ローランが不在だったせいか、コース途中に待ちかまえた2つの3級峠では楽々と先頭通過。おかげで2日目の終わりからまとっている山岳ジャージを、少なくともあと2日は着られることになった。

なによりリッチー・ポートが逃げた!たしかに7月のツールの鎖骨骨折から、完全に復調したわけではなかった。「総合は狙わない」と宣言してブエルタに乗り込んだ。それでも、わずか5日間で41分14秒ものタイムを損失するとは、さすがに予想していなかったはずだ。しかし33歳オージーの心は、決して折れてはいなかった。

「今日は楽しんだ。ようやく自分自身に立ち返りつつあるし、普通の状態に戻りつつある。だからいつもと違うことをやってみるのは楽しかった。随分と長い間エスケープなんて乗らなかったからね」(ポート)

2010年ジロで巨大な大逃げに乗り、生まれて初めての(そして唯一の)グランツールリーダージャージをまとった経験のあるポートにとって、良き再出発のきっかけとなったようだ。残り約30km地点で、メイン集団に飲み込まれるまで、ポートは最前線で溌剌とした姿を見せた。

お知らせ

8/25開幕! ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 全21ステージ独占生中継!
マラガからマドリードまで、灼熱のスペインを駆け抜けるグランツール最終戦。勝敗を決めるのは、体力か、知力か、それとも女神の微笑か。3271.4km先のゴールを目指し、23日間の壮大なドラマが、はじまる。


特設サイトはこちら >> https://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta/

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ