8月31日に開幕する16年目を迎えるジャパンラグビートップリーグ。今年は2019年のラグビーワールドカップを控えて、サンウルブズや日本代表の活動期間に充てるために、10月末までリーグ戦を行い、12月に順位決定戦を行って王者を決める短期決戦となった。

また今季から、昨季からあった外国人選手の特別枠(他国の代表歴を持っておらず、将来、日本代表になれる選手)の出場枠を1人から3人に増加し、他国の代表歴のある選手は2人、さらにアジア枠の選手も含めれば、計6人まで同時に試合に出場することができるようになった。

そのため、各チームが積極的に有力外国人選手を獲得、今年から多くの選手がトップリーグでプレーすることになった。それでは今年からトップリーグでプレーする選手を国別に見ていきたい。まずはニュージーランド出身の選手たちから。

◆ビッグネーム、ダン・カーター、イズラエル・ダグがやって来た

ダン・カーター

まず、何と言っても今季の最注目選手はSO(スタンドオフ)ダン・カーターだ。オールブラックスキャップ112、ワールドカップ出場4度を誇り、2011年、2015年大会ではニュージーランドのワールドカップ連覇に貢献した司令塔。

スーパーラグビーでも3度優勝し、あのリッチー・マコウと並び、3度、世界年間最優秀選手賞に輝いている本物だ。36歳というベテランだが、スキルや判断力は衰えていない。

フランスを経て日本にやってきたカーターは、日本でキャリアを終える予定でおり、「新しいモチベーションを見つけるためにやってきた。私のプレーを見れば、ラグビーをわからない方でもおもしろいと感じると思います。長い歴史を持ったチームに貢献し優勝したい」と意気込んでいる。

そして、もう一人のニュージーランド代表のBK(バックス)のビッグネーム、オールブラックスキャップ66を誇る、FB(フルバック)/WTB(ウィング)イズラエル・ダグがキヤノンイーグルスに加わった。

ランニングスキル、そしてハイボールに強く安定感に長けたFBだ。2009年にオールブラックスデビューを果たすと、2011年ワールドカップでは5トライを挙げて優勝に貢献。

2015年ワールドカップこそ、ケガの影響で選出されなかったが、2016年はオールブラックスに復帰を果たしていた。そして昨年、今年とクルセイダーズの連覇にも寄与したベテランのバックスリーである。

当然、来年のワールドカップでのプレーも視野に入れているダグは「来年のワールドカップでオールブラックスの一員として日本に戻ってくることに挑戦する前に、まずは、キヤノンのチームメイトに早く溶け込めるようにベストを尽くし、今季、チームのためにポジティブな貢献をすることができれば」と力強く語った。

お知らせ

\8月31日開幕/
J SPORTSオンデマンドでは、
ジャパンラグビー トップリーグを配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ