16年目を迎えるジャパンラグビートップリーグも、いよいよ8月31日に開幕する。16チームそれぞれが大学卒業や高校卒業の新人を獲得して補強を進めている中、各チームのルーキーたちを紹介していきたい。

◆即戦力の4人を獲得 サントリー

まずは3年連続優勝を目指すサントリーサンゴリアスは、強豪大学から即戦力の4人の新人を獲得した。

昨年度の大学選手権9連覇に輝いた帝京大学の主将だったHO(フッカー)堀越康介、同じく帝京大学のFB(フルバック)尾崎晟也、準優勝を果たした明治大学の副将だったCTB(センター)梶村祐介、早稲田大学のキャプテンだったFL(フランカー)加藤広人の4人だ。

堀越は本来HOだが、今年はチーム事情により3年ぶりに左PR(プロップ)でもプレーし、梶村も慣れ親しんだ12番ではなく13番ですでに練習試合に出場、さらに尾崎もFBではなくWTB(ウィング)でもプレーしている。チャンピオンチームだけに、まずは試合に出場して、沢木敬介監督にアピールしたいところだ。

◆日本代表・野口竜司が加入 パナソニック

日本代表やサンウルブズで活躍する野口竜司

次に3年ぶりに王者奪還を狙うパナソニック ワイルドナイツには、すでに日本代表、サンウルブズで実績のある、昨年度の東海大学主将も務めたFB野口竜司が加入。

日本代表やサンウルブズでもチームメイトの選手も多いため、慣れるまで時間はかからないだろう。すでにフォース戦にも出場しており、ワールドカップに向けてプレーの質、精度を高めることができるか。

他にも大卒新人としてはPR床田裕亮(中央大学)、FL(フランカー)大西樹(流通経済大学)、CTB笠原開盛(中央大学)、WTBラトゥ クルーガの4人(大東文化大学)が加わった。

さらに東福岡高校から大学を経由せずに、「挑戦できるなら日本最高の舞台で」とFL福井翔大もパナソニックに入団。能力の高い個性派集団の中で、まずはメンバー入りを狙う。

◆3人のCTBを補強 ヤマハ発動機

昨年3位だったヤマハ発動機ジュビロは今季、BK(バックス)の移籍や退部などが多く、大学時代にCTBとして活躍した3人が加わった。

日本代表キャップホルダーでもある東海大学出身のハードタックラーCTB鹿尾貫太、そしてWTBでもプレー可能な中央大学出身の白井吾士矛、7人制日本代表歴もあり、トップリーグではWTBに専念する帝京大学出身の矢富洋則だ。WTB矢富は、SH(スクラムハーフ)矢富勇毅の弟で、兄弟でのプレーが楽しみだ。

◆新しい風を吹き込む8人の新人 トヨタ自動車

昨年3位に躍進したトヨタ自動車ヴェルブリッツは、昨年度で社業専念する選手が多かった一方で、大学ラグビーで活躍した新人選手が8人加わった。

ジェイク・ホワイト監督が「ヴェルブリッツが常勝集団になるためにチームに新しい風を、そして更なる競争を吹き込んでもらえることを期待している」というように、すでに新人の多くは練習試合に出場しており、メンバー争いにも絡んできそうだ。

日本代表キャップ5を持つ、左PR三浦昌悟(東海大学)、天理大学のスクラムを支えた右PR木津悠輔、帝京大学でレギュラークラスだった右PR垣本竜哉、明治大学でキャプテンシーを発揮したLO(ロック)古川満。

帝京大学で1年生から活躍し、WTBでもプレーした突破力が持ち味のNO8(ナンバーエイト)吉田杏、東海大学出身の大型SO(スタンドオフ)金典弘、突破力が魅力のCTB鈴木啓太、帝京大学の9連覇に貢献したCTB岡田優輝の8人である。

お知らせ

\8月31日開幕/
J SPORTSオンデマンドでは、
ジャパンラグビー トップリーグを配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ