「わたしは3度プレミアリーグを制している。ほかの19人の監督は、合わせて二度だ」

トッテナムに0−3の大敗を喫した直後、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督はこう吠えた。

間違ってはいない。モウリーニョはチェルシーを3回の優勝に導いている。そのほか19人でプレミアリーグの頂に立った経験を持つ監督は、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラと、彼の前任であるマヌエル・ペレグリーニ(現ウェストハム)だけだ。

しかし、過去に目を向けてなんの意味があるのだろうか。いま、モウリーニョが取り組むべき最大の課題は、2018−19シーズンをどのように戦うか、である。偉大な実績を盾に理論武装しても周囲の反感を買うだけだ。まして就任3シーズン目。チームの骨格が明確になってしかるべき時間が過ぎているにもかかわらず、戦略・戦術ともにシティ、リヴァプール、トッテナムに大きな後れを取っている。新体制が発足したチェルシーとアーセナルですら、監督のスタイルが早くもピッチ上で実践されようとしている。この事実に気づかなくてはならない。

もちろん、補強を怠った上層部、とくにエドワード・ウッドワードCEOにも責任はある。トッテナム戦でも懸案のセンターバックは脆さを露呈した。フィル・ジョーンズは簡単なプルアウェイでハリー・ケインにあっさりかわされ、クリス・スモーリングは待つべきシーンでタックルを仕掛け、ルーカス・モウラにゴールを許した。また、ヴィクトル・リンデレフはノールックのバックパスでスリリングなシーンを演出したり、追う足を止めたりもしている。リヴァプールの名DFとして名を馳せ、現在は情報番組の論客として知られるジェイミー・キャラガー曰く、「リンデレフはあまりにも不十分だ」

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ