2000年代前期、サー・ボビー・ロブソン監督(当時)率いるニューカッスルは、エンターテインメント性にあふれる好チームだった。とにかく攻める、攻めまくる。肉を切らせて骨を断つ試合があれば、肉を切らせて骨も断たれたケースもあった。それでもサー・ボビーは攻撃的な姿勢を貫きさえすれば満足で、02−03シーズン、オールドトラッフォードでマンチェスター・ユナイテッドに3−5の敗北を喫した後、次のように語っている。

「負けたのだから悔しいさ。悔しいに決まっている。それでも両チーム合わせて8ゴールも決まったのだから、サポーターの皆さんは楽しめたのではないかな」

2009年7月31日、サー・ボビーは惜しまれながらこの世を去ったが(享年76歳)、プレミリーグにその名を刻む名将だったことは、だれもが認める事実である。

さて、サー・ボビーが健在なら、古巣の現状を憂えていたに違いない。オーナーのマイク・アシュリーが迷走している。決まりかけていた買収を突然反故にしたり、契約書に記されていたボーナスを出し渋ったり、ニューカッスルへの愛情がほとんど感じられない。かと思えば、この夏には9000万ポンド(約127億8000万円)で百貨店グループを買収した。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ