去年オフ、小熊の状態はどん底だった。「真っすぐが全然ダメ。走らないんです」。自主トレ期間に入っても糠に釘の日々。なぜそうなったのか、そして何をしたらいいか。

その苦悩はキャンプ、そして開幕をした後も続いた。下を向いても出口はない。一つ一つを見直した。まずトレーニング。

小熊は「登板から登板の間は、できるだけウエイトトレーニングを避けてきたが、重りを持たないのは登板前日くらい。今年は積極的に重りを使ったトレーニングをしています」と話す。

長く続いた苦悩の日々、そんな毎日に向き合った小熊は自分のある違いに気づいた。ダメだった去年の映像を見ていると、右手がテイクバックからトップに入った時のボールの向きが逆である事に気づいた。

写真の左は去年の小熊のトップ。テイクバックからボールはずっとキャッチャー方向を向いている。しかし、今の小熊はトップに入った時、ボールがセンター方向に向く(写真右)。

小熊は「昔からの悪い癖でもあるんですが、意外に簡単な所に原因はあったのかなと思います。今はボールが後ろを向く、結果、下半身からテイクバック、軸足の蹴り、腕の振りまでパチンとはまっている感覚があります。腕を振る時も去年と全然違う感覚がある。強く振れる感覚があるんです」と話す。

8月15日ナゴヤドームのDeNA戦、148キロを計測し自己最多の10奪三振をマークした。

朝倉投手コーチも「カーブが良くなった」と話すが、それについても手の向きが大きく関していた。

小熊は「ボールが外を向かないまま抜こうとするから、ひっかけてしまう。今はボールが外を向く分、手首が返るからボールの抜けが良く安定しました」と説明してくれた。

もちろんストレートが走る分、より緩急がつく事は言うまでもない。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド/

中日ドラゴンズ戦は主催試合を60試合以上LIVE配信します
中日ドラゴンズ主催試合をご覧いただくには中日ドラゴンズ戦シーズンパックがお得です。

●中日ドラゴンズ戦シーズンパック:8,000円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で4,000円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ