3連覇への優勝マジック「24」のカープは、8月24日(金)からマツダスタジアムに、6位ドラゴンズを迎えての3連戦。J SPORTS 1では、この3試合を完全生中継します。

このカード初戦の前夜に行われたスワローズとの3試合目で、カープは7点差をひっくり返す、今季ここまで「最高」といえる劇的なサヨナラ勝利を収めました。

これを書いている今でも、まだあの興奮が残っていますが、これで2位スワローズとの直接対決を勝ち越し。マジックをさらに減らして「24」にしています。

今回のカード初戦の予告先発投手は、カープがここまで6勝2敗で3連勝中の野村祐輔投手。ドラゴンズが2連勝中の左腕、笠原祥太郎投手と発表されています。

「℃℃℃ユニフォーム」を着用して臨んだスワローズ3連戦は熾烈を極めました。3カード連続で勝ち越しを決め、波に乗っている2位のスワローズ。初戦は5-4で1点のリードのカープが、9回表に逃げ切りを狙って、守備固めにサード上本選手、マウンドに抑えの中崎投手を投入。

しかし、先頭に四球を与えてしまい、送りバントで1死2塁。代打畠山選手を空振り三振に仕留め2死を奪ったところで、代打谷内選手のサードへのゴロを上本選手が弾いてしまい、捕球後慌てて走者にタッチ。

際どい判定はアウトとなり、一時は試合終了となりましたが、スワローズ小川監督がビデオ判定をリクエストして、判定は一転してセーフに。これで流れを失った中崎投手は坂口選手にフルカウントから、レフト前にタイムリーヒットを打たれ同点になり延長戦に。

さらには、10回表を投げたアドゥワ投手が1死からバレンティン選手に勝ち越しソロ弾を被弾。ここからヒット、犠打、ヒットで2死1・3塁とされたところで、畠山選手に痛恨の3ランホームランを打たれてしまい、まさかの逆転負け。

一度は試合が終わって、勝利になったはずの判定が覆され、そこから一転しての悪夢。しかし、今季より導入されたこのリクエスト制度は3戦目、今度はカープに優位をもたらします。

尾を引きそうな前夜の敗戦でしたが、2戦目で中継ぎ陣が奮起。6回4失点の先発九里投手を繋いだ一岡、フランスア、中崎の3投手が揃って無失点リレー。中崎投手も前日の雪辱を果たしてくれました。

打っては、16日京セラドームでのタイガース戦で受けた頭部死球以降、静養と休養をとっていた會澤捕手が、5試合ぶりにスタメン復帰して4回裏に同点ソロ弾。

5回裏には西川選手が、スワローズ2番手風張投手を救援した、秋吉投手の代わりっぱなの初球を叩いて、ライトに勝ち越しの3ランホームラン。以降は継投で逃げ切り、チーム一丸で前日の嫌なムードを払拭しました。

そして、大興奮の幕切れでサヨナラ勝利した3戦目。カープ先発の岡田投手が立ち上がりから苦しい投球になり、山田選手に満塁ホームランを喫するなどして、5回119球で8安打7失点と大乱調。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ