先週開幕したザ・ラグビーチャンピオンシップ。ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンの4カ国が南半球No.1を賭けて戦う。その注目選手を紹介するコラム。今回はアルゼンチン「ロス・プーマス」だ。

◆アルゼンチン代表の精神的支柱
 アグスティン・クレーヴィ(Agustin Creevy)

所属:ジャガーズ
ポジション:HO(フッカー)
身長/体重:181cm/110kg
生年月日:1985年3月15日
キャップ数:74

アルゼンチン代表をプレーと体で引っ張る闘将だ。HO(フッカー)ながらハンドリングスキルに優れ、オフロードパスが得意なことから、モンペリエ在籍時にはニュージーランド代表CTBソニー ビル・ウィリアムズを彷彿させるということで「ソニー ビル・クレーヴィ」と呼ばれていたほど。

もともとバックローだったが、2009年にフッカーに転向した。ビアリッツ、クレルモン、モンペリエ、ウォーススターとヨーロッパでプレーしていたが、ビアリッツ在籍時に肩を故障してしまった。

そのため当時のアルゼンチン代表監督サンティアゴ・フェランに転向を勧められ、契約を解除してアルゼンチンに戻り、1年目からスーパーラグビーのジャガーズで戦っている。

アルゼンチン代表としては、2005年4月23日の日本代表戦で初キャップを獲得した。その後も常に代表でも戦い続けて、2011年と2015年のワールドカップに出場した。2014年のザ・ラグビーチャンピオンシップから代表のキャプテンに指名され、昨年まで代表だけでなく、ジャガーズのキャプテンも務めていた。

まだまだプレイヤーとしても、精神的支柱としてもアルゼンチン代表には欠かせない選手だ。2019年ワールドカップに出場すれば、フェリペ・コンテポーミの持つアルゼンチン代表最多キャップ87を塗り替える可能性も十分だろう。

アイルランドにルーツを持つ選手。好きな食べ物はフライドポテトとイタリア料理。憧れの選手は4月に引退した元アルゼンチン代表SOファン・マルチン・エルナンデス。

◆スキルの高い攻撃的な司令塔
 ニコラス・サンチェス(Nicolas Sanchez)

所属:ジャガーズ
ポジション:SO(スタンドオフ)
身長/体重:177cm/83kg
生年月日:1988年10月26日
キャップ数:65

ラン、パス、キックとどれも上手くスキルフルな選手。小柄だが精確なプレースキックで、チームの得点源として活躍する司令塔だ。アルゼンチンの育成システムの中で成長し、U19、U20アルゼンチン代表を経て、2010年5月21日のウルグアイ戦で初キャップを獲得。翌年のワールドカップメンバーに選ばれ、1試合に出場した。

その後は代表の主力として活躍し、2014年のザ・ラグビーチャンピオンシップでは54点で得点王となった。さらに2度目のワールドカップとなった2015年大会では97得点を挙げ、アルゼンチン代表としては、1999年のゴンサロ・ケサダ以来の大会得点王となり、チームのベスト4に貢献した。

2011年からフランスでプレーし、ボルドー、トゥーロンとフランスのトップ14で4季プレー。その後、2016年には母国のジャガーズでスーパーラグビーに初挑戦。3シーズンで41試合に出場し、392点を挙げた。来季は再びフランスのスタッド・フランセでプレーする。

プレースキックに注目されがちだが、攻撃的な司令塔としてラン、パス、キックでトライを演出するのに長けた選手。SOサンチェスが上手く相手のスペースを突けばアルゼンチン代表のリズムとなろう。2015年に結婚した夫人との間に昨年2月に男の子が誕生。大の犬好きで大型犬を数頭飼っている。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
ザ・ラグビーチャンピオンシップを全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★ザ・ラグビーチャンピオンシップ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ