チェルシー vs. アーセナル

公式戦196回目のビッグロンドンダービー。
昨シーズン両チームの対戦は5試合中4試合がドローゲームとほぼ互角に終わった。
サッリ新監督のプレミア初采配となった開幕戦、ハダースフィールドとの一戦は、アウェイながら0-3のクリーンシートで勝利し好スタートを切ったチェルシー。新加入のGKケパもクルトワの穴埋めを難なくこなした。さらにはサッリ監督と一緒にナポリから加入したジョルジーニョもPKを決めるなど新戦力が早くもチームに溶け込んでいる。 今節のアーセナル戦が新生チェルシーの試金石となるだろう。
一方、アーセナルはエメリ新監督の元、開幕戦でいきなり昨シーズンの王者マンチェスターCと対戦。終始圧倒され0-2で完敗を喫した。ヴェンゲル監督の後任として今シーズンから指揮を執ることになったエメリ監督だが苦いプレミアデビューとなってしまった。今節も強豪チェルシーが相手。
マンチェスターC戦で敗れた原因を考慮し、このビッグマッチでの敗戦は避けたいところ。

ブライトン vs. マンチェスター・ユナイテッド

昨シーズン、初のプレミアリーグで15位に食い込み見事残留を果たしたブライトン。
今シーズンも残留という現実的な目標に向けて多くの選手を補強。
中でも注目は、イラン代表FWであり昨シーズンのエールディヴィジ得点王のジャハンバフシュ。プレミアの舞台での活躍は未知数だが、得点力不足が解消されれば、残留への大きな武器となるだろう。
一方、開幕戦でレスターに辛勝したマンチェスター・ユナイテッド。
度重なる負傷に悩まされてきたルーク・ショーがプロキャリア初ゴールを決めたのは良いニュースだがチームは厄介な問題を抱えている。
レスター戦後、「俺には言えることと、言えないことがある。それを口にしてしまえば、罰金を科されるだろう」と語ったポグバ。
モウリーニョ監督との確執が報じられているがポグバが、この試合のスタメンから外れるようなことがあれば事態はより深刻化することになるだろう。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ