いよいよ開幕したイングランド・プレミアリーグ。第1節一番の注目カードはアーセナル対マンチェスター・シティだった。 22シーズンにわたって君臨したアーセン・ヴェンゲル監督がついに退陣し、ウナイ・エメリ監督が就任したアーセナル。ヴェンゲル時代を通じて美しいパス・サッカーを展開したものの「勝負弱い」という印象を否めなかったアーセナルがこれからどのように進化していくのか……。1人の監督が長期政権を続けてきた後の監督は前監督の色を消して、自分の色を施していくのが難しい。ウナイ・エメリはこれから何を目指すのか?

もちろんスペイン人監督なので、これまでのチームをベースにパスをつないでビルドアップしていくチームを作るのだろうか。今はまだ見守る段階なのだろうが、その方向性を早く見極めたい。アーセナルではメスト・エジルも気になる。 ワールドカップ終了後、トルコのエルドアン大統領との写真を巡ってスキャンダルが起こり、代表からの引退を表明したエジル。そのショックが残っているのか? あるいは、クラブでの試合に集中し、さらにモチベーションが上がっているのか?

 

そんな「アーセナル目線」で見始めた開幕戦だったが、試合はマンチェスター・シティの強さ、完成度の高さばかりが目に付く内容になってしまった。 立ち上がりこそ、いくつかチャンスを作っていたアーセナルだが、10分も経たないうちにマンチェスター・シティがボールを保持して、軽快にパスを回すようになった。1人ひとりの運動量というか、動きのキレ、動きの質の高さでアーセナルを圧倒。1人が動いてできたスペースに次の選手が入って、常にパスコースを複数確保して、テンポよくパスが回る。アーセナルの方は、それについてくのが精いっぱい。プレスをかけることもできなくなってしまった。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ