選手が動けなかったのか。指揮官のプランが曖昧だったのか。0−2……。新生アーセナルは完成度の違いを見せつけられ、マンチェスター・シティに屈した。

シティがボールを保持しているとき、アーセナルは4−3−3に構えて対応した。しかし、プレスをかけるわけではなく、分厚いブロックを築くわけでもない。ビルドアップの種類、技術では世界有数のチームと対戦しているにもかかわらず、あちらこちらに空間を提供していた。シティ戦を前に、『Sky Sports』のインタビューに応えたウナイ・エメリ新監督は、「オーガナイス(組織)」という表現を頻繁に用いていたが、集団の共通意識はまるで感じられず、成す術なしといった時間帯も短くはなかった。

また、ビルドアップする際にはGKペトル・ツェフが足もとの不安を改めて露呈したり、CBシュコドラン・ムスタフィがシティの選手を引きつけすぎてパスカットの元凶になったり、みずからのミスでピンチを招く。ベルナルド・シウヴァに決められて2点のビハインドを背負ったシーンでは、ムスタフィ、ソクラティス・パパスタスプーロス、グラニト・ジャカ、ステファン・リヒトシュタイナーが、寄せもしなければ、からだも張らなかった。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ