プレシーズンマッチ(以下PSM)の出来は芳しくなかった──。

マンチェスター・ユナイテッドは試合内容が選手個人の好不調に委ねられ、連携には少なからぬ不安を抱えている。したがってポール・ポグバ、ロメル・ルカク、ジェシー・リンガードなど、数多くの主力をワールドカップ終了後のフィットネス不足で欠いているいま、メディアやサポーターが満足するようなパフォーマンスを見せられるはずがない。

アレクシス・サンチェスは復調著しく、ファン・マタの仕上がりもいい。新戦力のフレッジはすでにフィットしており、バレンシアからローンバックしたアンドレアス・ペレイラは、ついに《ブレイクの予感》を漂わせているが、開幕のレスター戦を最強布陣で挑むことは不可能だ。ポグバの欠場は避けられず、休暇を早めに切り上げたルカクとマーカス・ラシュフォードも、スタメンは回避されるに違いない。

また、痛めていた側腹筋が悪化したネマニャ・マティッチ、バイエルン・ミュンヘンとのPSMでハムストリングに違和感を訴えたアンデル・エレーラも、復帰の時期は明らかになっていない。サンチェス、マタ、フレッジ、ペレイラが好調であっても、物足りない選手層だ。

DF陣も同様だ。アシュリー・ヤングはワールドカップ後の調整に時間がかかるため、左サイドバックはルーク・ショーただひとりだ。右サイドもアントニオ・バレンシア、ディオゴ・ダローが負傷欠場。マッテオ・ダルミアンとティモシー・フォスメンサーに限られたが、両選手ともローン移籍がささやかれている。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ