スーパーラグビー決勝

約5か月間にわたる過酷な闘いを制し、2年連続9回目の王座に就いたのはニュージーランド(NZ)のクルセイダーズだった。

8月4日(土)、NZ南島にあるAMIスタジアム(クライストチャーチ)で、2018年のスーパーラグビー決勝が行われた。

2連覇を狙うクルセイダーズと相対するのは、南アフリカから乗り込んできたライオンズ。3年連続のファイナル進出で、悲願の初制覇を目指した。

ライオンズにとって、クルセイダーズは乗り越えなければならない宿敵だ。

去年の決勝は地元ジョハネスバーグ(南アフリカ)で行われた。初優勝のお膳立ては整っていたが、クルセイダーズに17−25で敗戦。

かつての王者を9年ぶりの載冠に導いた新任のスコット・ロバートソンHC(ヘッドコーチ)は、敗戦に沈黙するエミレーツ・エアライン・パークのピッチ上で、歓喜のブレイクダンスを披露した。

はたして3度目の正直は成るのか。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
ザ・ラグビーチャンピオンシップを全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★ザ・ラグビーチャンピオンシップ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ