2月17日に開幕したスーパーラグビー2018もいよいよ決勝戦を迎える。8月4日(土)、ニュージーランド(NZ)南島クライストチャーチで対戦するのは、連覇に王手をかけた地元クルセイダーズと、悲願の初優勝を狙うライオンズだ。NZと南アフリカ両カンファレンスの1位同士の戦いは昨シーズンの決勝と同じ顔合わせだ。昨年は、ライオンズの地元ヨハネスブルグで行われ、14−8でクルセイダーズが勝ち、9年ぶりの8度目の優勝を飾った。

スコット・ロバートソンヘッドコーチ就任2年目のクルセイダーズは、レギュラーシーズンを14勝2敗の好成績で駆け抜けた。キャプテンのLOサム・ホワイトロックを筆頭に「ほぼオールブラックス」の強力FWで圧力をかけ、今年オールブラックス入りを果たしたSOリッチー・モウンガの好リードでトライの山を築いてきた。プレーオフに入ってもその戦いは盤石だ。準々決勝で南アフリカ3位のシャークスを40−10で下すと、準決勝ではNZ2位のハリケーンズを30−12で破った。ハリケーンズの才能あふれるBK陣の持ち味を出させなかった鉄壁のディフェンスは今季の充実ぶりを強く印象付けるものだった。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
ザ・ラグビーチャンピオンシップを全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★ザ・ラグビーチャンピオンシップ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ