7月31日現在、だれひとりとして補強していない。移籍金が落ち着くタイミングを見計らい、一気にビジネスをまとめるパターンを得意としているが、ことしは8月9日でプレミアリーグ内の市場が閉鎖する。少し急いだほうがいい。

しかもワールドカップ終了後、イングランド代表のハリー・ケイン、キーラン・トリッピア、デレ・アリ、エリック・ダイアー、ダニー・ローズ、ベルギー代表のトビー・アルデルヴァイレルト、ヤン・ヴェルトンゲン、ムサ・デンベレ、そしてフランス代表のウーゴ・ロリスが、3週間の休暇を過ごしている。チームに合流するのは8月4〜6日だ。ニューカッスルとの開幕戦(11日/アウェー)までにコンディションを整えられるはずがない。なおかつソン・フンミンが韓国代表としてアジア大会に出場するため、今月中旬から二週間ほどチームを離れる。

トッテナムを取り巻く情勢は非常に厳しい──。

前述したニューカッスル戦を皮切りに、フラム、マンチェスター・ユナイテッド、ワトフォード、リヴァプールと、シーズン序盤は難敵との対戦が続く。とくにビッグ6との直接対決がこの時期に組まれるとは、さしものトッテナムも苦戦は免れない。

ユナイテッド戦が行われる8月28日までには多くの主力が復帰しているはずだが、オールド・トラッフォードは苦手だ。13−14シーズンに1−2の勝利を収めた後は4連敗、ノーゴール。プレミアリーグ発足後の通算成績は2勝3分21敗。好ましくないデータが揃っている。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ